海外「チームとサポーターの絆が奇跡を導いた!」W杯開催中に公開『わがチーム、墜落事故からの復活』にサッカーファン注目

  • 2018/6/28
  • 0
via:eiga.com

サッカー界最大の悲劇と復活

サッカーワールドカップロシア大会は熱戦に次ぐ熱戦で大盛り上がりだが、W杯開催中の7月6日に公開される映画「わがチーム、墜落事故からの復活」は見逃せない1本だ。

2016年、ブラジル1部リーグ・セリエAのサッカーチーム、シャペコエンセの主力選手と首脳陣らを乗せていたチャーター機が墜落し、監督、選手、解説者ら乗客77人中71人が命を落とすという大惨事はまだ記憶に新しいだろう。

生き残った3名の選手やスタッフがチームやサポーターと力を合わせ、新たにチームを築き上げて行くまでを描いた感動のドキュメンタリー映画。

via:https://www.rottentomatoes.com/m/nossa_chape/ https://eiga.com/news/20180614/9/

海外の反応

ジェフ・ジンバリストがサッカー界の宝となる映画をもう一本作り出した。

ジンバリスト監督の「ペレ 伝説の誕生」はサッカーファンなら必ず見るべき。

この墜落事故でシャぺコエンセは選手19人とスタッフ全員を失った。生き残ったのはたったの3人。

障害を乗り越えたっていう感動話はよくあるけど、これはそんな形容詞では表現しきれない。

ジンバリストはブラジルを分かっている、そしてサッカーを分かっている。

ドキュメンタリーだから感動できる。もし役者を立てて、実話を基に映画化したら白けてた。

この映画が描くのは胸を刺すような痛烈な痛み。
そしてチームで団結すればどんな痛みも乗り越えられるということを証明した。

あの墜落事故が入ってきた朝のことを鮮明に憶えているよ。

この事故で70年代80年代に活躍した伝説のプレーヤー、マリオ・セルジオも命を落とした。彼は晩年はテレビ・コメンテーターとして活躍してた。

マリオ・セルジオの「こっちを見てあっちに出すパスw」はしびれたね。

この映画の公開がモチベーションとなって、ブラジル代表が2018年ワールドカップ優勝ってなればいいなー!

哀しすぎて予告見るの途中でやめちゃった。
まだ私の傷は癒えていないみたい。

サッカーは僕の人生。また素晴らしいサッカー・ドキュメンタリーができて嬉しいよ。

ブラジルのサッカーは世界一だと誇りを持っている。

墜落事故の直後に、シャぺコエンセのユニフォーム着てる人すごい増えたよね。

映画を製作してること自体知らなかった!これは絶対見なきゃ。

あの事故の日どれだけ泣いただろうか。本当に悲しい出来事だった。

ブラジル代表がW杯優勝するぞ!

ワールドカップは勝敗がとても大事だけど、その後ろにチームごとの様々なドラマが見えてくることが面白い。

私は一生シャぺファン!

これほどサッカーファンの心を打つ作品は無い。
サッカー史上これほど悲しい出来事は今までなかったから。

これぞスポーツの力。

生前の選手たちの姿にまた涙してしまった。

本当にたくさんの惜しい才能を失った。

2016年11月28日、悪夢が起こった。神様はいないのかと思った。

チームとサポーターの絆がシャぺコエンセの復活に繋がった。

サポーターの力はすごい。特にサッカーは。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ