海外「14年待った甲斐があった!」『インクレディブル・ファミリー』がアニメ映画史上No.1の記録達成

  • 2018/6/21
  • 1
via:eiga.com

アニメ映画史上No. 1!

「Mr.インクレディブル」の14年振りとなる待望の続編「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高となる約1億8000万ドルのオープニング興収で首位デビュー。

本作は多くの批評家から絶賛されており、申し分のないスタートとなった。

日本公開は2018年8月1日。

via:https://eiga.com/news/20180619/16/

海外の反応

エキサイティングだし、感動的なストーリー。
スーパーヒーローものに親としてあるべき姿なども盛り込んで、
この映画一本で心の全てが満たされるよう!

前作を観た人は懐かしいとノスタルジーに浸ることもできるけど、
そこに新鮮な驚きも加わってる!

1作目と同じ様にとてもポテンシャルの高いアニメ。

ピクサーは毎回話の筋を政治的な感じにするから失敗する。
俺達はいい映画が見たいだけ、別に説教されたくないのに。

私も同じこと思ってた。

アニメーションがとにかくゴージャス。

週末家族で見に行った!老若男女誰が見ても楽しめるストーリー。

おもしろいし、アクションいっぱい、ふざけてるけど、ちゃんと感動させる、最高のエンターテイメント。

2回目見に行っちゃった。
1回目より感動した。

悪役が弱すぎじゃない?

「トイストーリ―」が続編の方が良かったように、「インクレディブルズ」も続編の方がいいぞ!

続編に求める全てを備えているし、期待以上のクオリティ。

この作品に注文があるとするならそれは一つだけ、もっとエドナを出せ!

私達を14年間も待たせて!
すっかりいい大人になってしまった!
でもそれも狙いなのかなって。
前作の時に子供目線だった人が、今は親目線で観れるからね。

とても懐かしく思ったよ。そして早く家に帰って自分の家族に会いたくなった。

ファンタスティック!アメージング!スーパー!ワンダフル!

14年間待った甲斐があったと思わせる。

1作目と同じぐらいいい。でも1作目を超えてはいない。

凄い良かった!ただ、声優はもっと若い声に聞こえる人を使った方がよかったのでは?

これは今一番見るべき映画!

50年代から60年代のクラシックなスーパーヒーローの面影にノスタルジーを感じずにはいられない。

ピクサー史上最高のビジュアルの美しさ。

長いこと待ったけど、ほんと、待ってて良かった!

3作目も絶対見る!

声優陣素晴らしかった!

細部に至るまで本当に素晴しい。1秒も見逃してはいけない。

どんな困難があっても自分たち家族は無敵!そう思えることを「インクレディブル現象」という。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/07/10(火) 23:26:45 ID:A5Njg3ODE

    初代はディズニーにしてはうざさがなくすんなり見える内容ではあったな
    基本家族愛とかの普遍的なものだからポリコレ要素いれにくいのだろうけどw

    (0) (0)

コメントをどうぞ