海外「”15時17分、パリ行き”はまさかの本人起用!」クリント・イーストウッド監督87歳での新しい試みに世界騒然

  • 2018/2/21
  • 5
via:eiga.com

ごく普通の若者たちがテロに立ち向かう

名俳優にして名監督であるクリント・イーストウッドが手がけた今度の作品のテーマはテロ。

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を描いた『15時17分、パリ行き』が全米で公開中だ。

実話を基にした本作、主役の若者3人はなんとプロの俳優ではなく、事件に実際に居合わせた本人たちを直接起用してしまったというから驚きだ。

2018年3月1日に日本公開。

via:http://eiga.com/movie/88331/

海外の反応

僕が見たことのある劇場映画の中で最もアマチュア感のある滑稽な作品だ。

やっぱクリント・イーストウッドって凄いなあ、と思った。
あのお兄ちゃん達が、クライマックスに向かって磨かれていく様子がいいね。

ワールドクラスのハリウッド監督が、(しかも87歳で!)まだ新しいことにチャレンジしようとしている!これは素晴らしいこと!

それだけでも見るに値する。

クリント・イーストウッドの作品は何を伝えたいのかってこちらがすごく理解したい気持ちになる。

彼ら3人は実際に真のヒーローだよ。
でも映画に出たことは彼らの人生の汚点になった。

忍耐力に自信のある人は見るといいよ。

クリント・イーストウッド作品の中で一番の駄作だ。彼はどうかしてしまったのか?

典型的なドキュ・ドラマだけど、イーストウッドはクセを出したいんだろうね。クセが強過ぎる。

やっぱり俳優って演技上手いんだなあと思った。素人使っちゃだめだろう。

私はリアリティがあって良かったと思う。普通すぎる中にテロが起きる。このコントラストこそクリント・イーストウッドが描きたかったんだものだと思う。

その気持ちはよくわかるけど、出来映えは最悪だ。

アメリカ人はすぐにヒーローを作りたがる。それをクリントはチクリと言いたかったんだ。
典型的なハリウッドのヒロイズムなしで真のヒーローを描きたかった。

面白いぐらいにがっかりした。

クリント・イーストウッドは面白いことするなあ。87歳にして底知れぬ創作力とバイタリティ。

クリント・イーストウッドが描くテロってだけでも見る価値がある。

もう凡人には理解できない領域。だって本人たちを起用したんでしょ?

これは暇を持て余した神様の道楽だ。

演技の素人を主役に抜擢したことですごく叩かれてるみたいだけど、「もしかしたら自分もここに居合わせたかもしれない」と思わせる最高の手段だったように思う。

やっぱり実話の再現だし、実際にその場にいた人たちだから一番臨場感出せるよね。

クリント・イーストウッドにはこの映画のことをもみ消すために早く次の作品をリリースして欲しい。

最初からあの3人が素人だってわかってたからうがった目でみてしまったけど、意外とよくやってたと思うな。

クリント・イーストウッドの開拓者ぶりにはいつも驚かされる。

イーストウッドには最後にコメディとか撮って欲しいよね。らしくないのはわかってるけど、皆をあっと言わせて散って欲しい。

クリント・イーストウッドは賭けに出てその賭けに負けた。

色んな意味で観てみた方がいい作品だと思うよ。

どうやったらこんなに壮大に失敗できるの?

天才すぎてついて行けない。。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/21(水) 21:15:59 ID:E5OTUwNjk

    クリント・イーストウッド監督最新作
    これだけで映画館に行く価値がある
    楽しみー

    (5) (1)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/21(水) 22:04:56 ID:k4MTM0MTQ

    87歳でいまだ現役とは。凄いね

    (2) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/21(水) 22:25:08 ID:UwODA0NzE

    富と名声と安定した地位を手にした監督は皆歳を取るにつれ「ええ…?」てことをするようになる

    (2) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/21(水) 22:48:21 ID:E3NjQzMzQ

    あーやっぱり素人起用したのは不評だったのか

    (1) (0)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/02/22(木) 00:21:38 ID:k3MTEwMjc

    来年は米寿だな 赤いちゃんちゃんこ似合うかな?

    (0) (0)

コメントをどうぞ