海外「ひどい死に方がヒップホップに貢献した皮肉」2pacの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』が年末日本公開

  • 2017/12/25
  • 2
via:eiga.com

ヒップホップ界のレジェンド その生涯

1996年にラスベガスで銃撃を受け、25歳でこの世を去ったヒップホップ界の伝説2pacの生涯を描いた『オール・アイズ・オン・ミー』が12月29日に日本で公開される。

死後20年を経たから描くことができたという米ヒップホップ界の東西抗争を絡めた2pacの死の真相とは?

via:http://eiga.com/movie/87322/special/

海外の反応

「ストレイト・アウタ・コンプトン」や「8mile」が好きなら見るべき。

大分がっかりしたよ、この出来栄えには。これほど人々に影響を与えた人物の伝記的映画なのに。

こんな退屈な映画誰が作ろうって言ったんだ?

2pacの映画だから、音楽は素晴らしかったよ。
でも音楽だけだったかも。

とても心に響く作品だった。心に刺さるセリフがいくつもあったよ。

彼は歴史上で一番パワフルで多くのメッセージを残したラッパーだ。

生き方、死に方、作品、全てが伝説に値する人物。

彼はひどい死に方をしたけれど、それによってヒップホップに一度も触れたことのない人にまで自分の音楽を知れ渡らせることができたし、ヒップホップの新しい道を作った。とても皮肉な話だ。

彼の運命全てが伝説だと感じる。

この映画に対するネガティブな感想を聞いてから、それでもまだ見たくて見に行ったんだ。
とっても素晴らしい映画だった。批判的な感想なんて真に受けることはない。

2pacの殺人事件を題材にした映画が製作中なんだって。

ジョニー・デップが出るらしい。

今まで語られることのなかった死の真相。

ラッパーの抗争とか馬鹿らしい。
彼らはアーティストなんかじゃない、ただのギャングじゃないか。

伝記映画というよりウィキペディアを基に再現ドラマを作ったのを見させられてる感じ?

思っていたよりは良かったよ。

彼の音楽は天才的。

2pacの"That's Just The Way It Is"は名曲だ。あんな美しいラップミュージックは僕は他に聞いたことがない。

あの曲はラップ嫌いな人でも好きって人が多い。

ピアノがとても美しく、悲しくはかなげな2pacの声もいい。

2pacのラップは悪いだけじゃない。哀愁を感じるんだよね。

ジョニー・デップが出る方の映画を見たい。

星8つのゴミ映画。

こんなのYouTubeで観れば十分だよ。

今までで一番がっかりした映画だったかもしれない。

ドキュメンタリーにしたほうがよかった。

いや、キャスティングは良かったと思うんだけど。

世間をインスパイアしようとして失敗してる。

まじで2pacにあやまれ!

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/12/25(月) 20:47:29 ID:Q4NDI5ODM

    B.I.G.とパフダディの佐村河内物語の映画も作ってくれw

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/12/28(木) 21:53:36 ID:I0ODE5Mzg

    ヒップホップってあれだよな。ラップが邪魔。
    サンプリングした元の曲がいいのに雑音ラッパーがすべて台無しにしてる。

    (0) (0)

コメントをどうぞ