海外「医療制度に警鐘を鳴らす」実話映画『彼女が目覚めるその日まで』が日本公開

  • 2017/12/5
  • 1
via:eiga.com

製作にシャーリーズ・セロン

原因不明の難病に冒された21歳の女性の闘病を描いた感動の実話映画『彼女が目覚めるその日まで』が12月16日に日本で公開する。

ベースになっているのは女性記者スザンナ・キャラハンの闘病記「脳に棲む魔物」。

「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが主演を務め、女優シャーリーズ・セロンが製作として参加している話題作。

via:http://eiga.com/movie/86618/

海外の反応

クロエがジャーナリスト役ってのが無理がない?子供に見えるよ。

確かにクロエは年齢より若く見えてとってもかわいい。でも今回はそれがアダになった。

クロエ・モレッツは何歳なの?

今20歳だよ。

実話を基にした医療ドラマだけど、病気が珍しすぎてあんまりすっと入ってこない。

医療制度に警鐘を鳴らす作品。

クロエはメインストリームのアイドル的な人気者から、インディー系の実力派へとイメージチェンジを図りたいのだろうけど、この役を演じるには彼女は若すぎる。

若い俳優が実年齢以上の役をやることも多いし、大人が十代の役をやることも多いよね。

大人が子供の役をやることに関しては法律で定められた労働時間の関係もあるんだろう。
スケジュールが非常にタイトな場合子役を使うのはとても大変だからね。

若く見える人なんて沢山いるから、別にいいんじゃないの?
ティーンネイジャーにしか見えない20代なんてその辺にゴロゴロいるわ。
特にアジア人は華奢で若く見える。

こういう役は難しいとは思うけど、クロエの役じゃなかったな。

シャーリーズ・セロンが製作にまわったんだって。

こんな病気があるなんて、しかも原因不明なんて怖すぎる。

クロエ迫真の演技!ホントに憑依してた。

シャーリーズ・セロンがクロエ・モレッツを口説いてキャスティングに漕ぎ付けたそう。

母親役はシャーリーズ・セロンが良かった。

みんなこの映画のクロエ・モレッツの演技に対して文句を言ってるけど、私は個人的に今回彼女は素晴らしい仕事をしたと思ってる。

リチャード・アーミテージが出てるから見た。

全体的に期待はずれだった。

こんな病気があるなんて知らなかった。世の中知らないことだらけだなあ。

奇跡は起きる!

「キックアス」の頃からずっと彼女を見てるけど、本当に素敵な女優に成長した。

諦めなければ奇跡は起きる!
ってことを教えてくれた。

これは家族を持つ人にはとても響くんじゃないかな。

批評家の評価はだいぶ低いね。

クロエが天使のように美しい。

シャーリーズ・セロンは役者としても本当に素晴らしいけど、裏方にも興味があったんだね。
彼女の才能の奥深さを見せてもらったよ。

シャーリーズ・セロンが殺人鬼役をやった映画凄かったよね!
あんな美人な人がめっちゃ人相悪くて、ブッサイクだった。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/12/05(火) 21:16:23 ID:MyMTYxNjM

    シャーリーズ・セロン出てないのに彼女の話題ばっかでワロタw
    初めてのプロデューサーとしての仕事としては彼女らしい作品
    クロエもセロンも好きだから見るわ

    (0) (0)

コメントをどうぞ