海外「インスピレーションの塊」『フェリシーと夢のトウシューズ』日本から2週間遅れで米国で公開

  • 2017/8/29
  • 4
via:eiga.com

バレリーナを夢見る少女の物語

フランス・カナダ合作のバレリーナを夢見る少女を描いたアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』が2017年8月12日に公開した。

バレエを習ったことのないフェリシーが元バレリーナのオデットと出会い、夢の舞台を目指す。

パリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオーレリ・デュポンと、エトワールのジェレミー・ベランガールが振り付けを担当。エリック・サマー、エリック・ワリンが共同監督を務めた。

アメリカでは「Leap!」の英題で日本より2週間遅れの25日に公開され、興行成績は初登場3位となった。

via:http://eiga.com/movie/86684/

海外の反応

声がキャラクターの設定のわりに老け過ぎな気がしたな。

アニメーションの声の出演は子供役でもほとんどは大人が演じているし、仕方ないんじゃないの?

子供役であろうが、大人役であろうが、
演じるのが大人であろうが子供であろうが、
声優はそのキャラクターにあった声を出すべきだと思うよ。

なんか声があってないんだよね。
外国語で観る人は字幕じゃなくて吹き替えにトライしてみてもいいかも。

75歳の私から見たら、とってもかわいいお話だった。
また若い友達を連れて見に行くわ。

努力をすればなりたいものにはなんでもなれる!って子供に教えてくれる映画。

よくあるサクセスストーリーだし、先も読めまくりだけど、とってもいい映画になってるし、もう一回見たいと思わせる映画。

インスピレーションの塊のような映画。

娘のバースデーに観に行った。
映画館を出てすぐバレエシューズを買いに行ったよ。

ストーリーがシンプルで難しくないから、小さな子供でも十分に楽しめる。
ファミリー向けの映画。

私の娘はダンサーだからずっとこれを見たがっていて、公開してすぐ見に行った。
あれからずっと彼女は家で飛び跳ねてるわ。

ファミリー向けのコメディ・アドベンチャー。

エル・ファニングの声があんまりマッチしてないんだよね。

夢を追いかけなさい!という強いメッセージが込められた映画。

声優もキャラクターも音楽も素晴らしく良かったと思う。

女の子向けだね。5歳の息子は1時間ぐらいで「早くお家に帰ろう」を連発。

脚本を書いた人にお礼を言いたい。
劇中の沢山のセリフにインスパイアされたから。

メッセージ性の強い元気になれる映画。

夢と希望と勇気を与えてくれるまっすぐな映画だよ。

一番のお気に入りになった。

ファミリー・エンターテイメントととしては最高だね。

とってもスペシャルな映画。
夢見ることをやめてしまった大人にこそ見て欲しい。

アニメーション映画にもいいものいっぱいあるけど、これはそれほどでもないな。

フェリシーがめちゃめちゃ可愛かった。

家族で見に行ったけど、途中で劇場を出ちゃったよ。

アニメにしてはキャラクターがリアルだったから感情移入しやすかった。

姪っ子を連れてったんだけど、私がすごく感動しちゃった。
見に行ってよかった。
アニメーションの美しさ、動きのしなやかさが素晴らしい。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/08/29(火) 13:05:47 ID:k2OTkzMTQ

    観に行った。
    けどどうしても好きになれない作品だなと思った。

    ネタバレですまないけど、許されないレベルの泥棒行為をした主人公にどうしても好感を持てないまま作品が終わる。
    終始自分勝手なサクセスストーリーだったので、そんなところは外国の感性だなと。

    純粋にキラキラした物語を期待していたので、平気で嘘をつく主人公のキャラクターにがっかりした。

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/08/29(火) 13:26:27 ID:k4MzAyMTg

    つまんなそう
    バレエシーンに重みを感じない、軽すぎて安っぽい
    良いアニメは動きに重みがあるんだよ

    (0) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/08/29(火) 15:05:31 ID:A3MTc5NDA

    3D判子顔アニメ

    (0) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/08/30(水) 08:18:45 ID:Q1NTI4OTE

    あまりにも都合がよくものごとが進みすぎてな
    主人公は激怒されても仕方ないことをしている
    学費はどうしてたんだろう

    あとバレエなめすぎだよね…

    (0) (0)

コメントをどうぞ