海外 「ハリウッドのリブート作品で一番出来がいいかも!」『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が初登場首位!

  • 2017/7/21
  • 4
via:eiga.com

猿の惑星最新作が初登場1位

全米興収ランキングで「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が約5630万ドルで首位デビューを果たした。

本作は「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続く、シリーズのプリクエル3作目となっている。

監督は前作に引き続き、マット・リーヴスが務めた。

2017年10月13日に日本公開予定。

via:http://eiga.com/news/20170718/9/ http://eiga.com/movie/86144/

海外の反応

アンディ・サーキスのパフォーマンスはオスカーに値する。

パワフルで、チャーミングで爆発力があり、三部作の完結編として申し分ない。

前作に比べたらアクション少なめ。

このシリーズの中でかなり強烈なインパクトを残せたんじゃないかな。

これで「猿の惑星」のリブート3部作は、「スター・ウォーズ」、「ロード・オブ・ザ・リングス」と肩を並べる傑作シリーズとなった。

シリーズの締めくくりとしてはパーフェクト。

正直思ってたような感じではなかった。もうちょっとドラマ的な感情面の比重を大きくするべきだったんじゃない?
2作目の方が断然よかった。

相当面白かった。キュートでひょうきんなキャラクターを追加したのは良かったと思う。

様々なジャンルがミックスされたような映画だった。

シーザーが良かった。ノヴァもほとんどしゃべらないのに存在感があったね。

3Dで観たけど、特殊効果がすごかったよ!

ウォーって謳ってる割に、戦闘シーンがすごく少ないよ。

いや~よくできてる!

特殊効果は素晴らしかった。でもストーリーはそれほどでも。

猿の顔の表情を出す技術って多分すごく高度なんだろうけど、それを推しすぎというか、表情ばっかりが気になったよ。

ペース遅くない?

とにかくCG技術がすごいって聞いてから行ったけど、前評判以上だった。

アンディ・サーキス良かったね。」

アメージング!すでに4回見に行って、それでもまだ足りないぐらい!

映画は100本以上見てるけど、この作品がダントツベスト。

映画館で観るには最高の映画。絶対に公開しないよ。お墨付きだ!

ストーリーはぱっとしなかったけど、アンディ・サーキスのパフォーマンスの素晴らしさで最高の作品に仕上がった。

ほんと、他の人も言ってたけど、彼はアカデミー賞間違いないと思う。

個人的には3部作の中で一番残念な作品。

見に行って良かった。とってもエモーショナルなストーリー。泣きそうになったよ。

パワフルなストーリーと息を飲むほどの特殊効果。

猿の惑星シリーズはオリジナルから大ファンだけど、古いファンの私でも大満足の作品。

思い出せる中では、ハリウッドのリブート作品で一番出来がいい。

ちょっとスローだなとは思ったけど、いい締めくくりだったと思う。

タイトルの割に、アクションの割合が少ない。このタイトルだともっと戦闘シーンがないと釣り合わないよ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/07/21(金) 17:02:13 ID:U1NjY1MDE

    3部作だったというのを初めて知った
    どう考えても、近代兵器を要する軍隊を殲滅させるまでの経緯が想像できないんだが
    いい加減回顧録じゃなくて未来描いた作品作れよ

    (0) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/07/24(月) 11:28:20 ID:QzNDI2OTE

      一作目でシッカリと人口が激減するのが描かれているけど

      (0) (0)
  2. 名前:名無しさんんんん : 投稿日:2017/07/22(土) 17:24:02 ID:I1NTMyNjI

    何本作ろうが金のかかったB級映画以上にはならん

    (0) (0)
  3. 名前:名無しさんんんん : 投稿日:2017/07/22(土) 17:25:47 ID:I1NTMyNjI

    SF考証とかマトモにやってないんだろ

    (0) (0)

コメントをどうぞ