海外 「1分に1回は笑っちゃうかも!」シリーズ最新『怪盗グルーのミニオン大脱走』が夏休み公開!

  • 2017/7/17
  • 0
via:eiga.com

ミニオン中毒続出中!

『怪盗グルーのミニオン大脱走』はユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる「怪盗グルー」シリーズ最新の第3弾!

日本語吹き替え版は、シリーズおなじみの笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉らが続投し、バルタザール役を松山ケンイチが務める。

シリーズを重ねるごとに受け皿を増やし、新たなファンを獲得し続けているのは、ミニオンの中毒性にあるのか?

2017年7月21日日本公開。

via:http://eiga.com/movie/86162/

海外の反応

休日に子供達と見に行って、彼らをハッピーな気分にさせるにはぴったりの映画。

おもしろー!でも個人的には1,2の方が好み。

1作目と比べてしまうと革新的な要素はないなあ。

最高!1分に1回は笑わしてくれるかも。

80年代ミュージックがいいね。

前作よりは劣るかな。

おもしろかった、でももっとミニオンが出てくればいいのになって思った。

ミニオンって中毒性がある。

洗練された映画じゃないけど、家族向けのいい映画。

小学校高学年ぐらいになると、もう子供っぽ過ぎてだめかも。

ベトナム語わかる人は、ベトナム語吹き替えで見た方がいい。英語吹き替えより全然おもしろいから。

一番面白いパートはやっぱミニオンが出てくる場面。

もうちょっとアクションが欲しかった。ま、でも全体的におもしろムービー。

キュートな映画。夏休みの子供たちの娯楽にぴったり。

シリーズの他の2作品よりおもしろくなかった。

もしあなたが9才(もしくはそれ同等の頭脳レベルの方)だったら絶対お勧め、それ以上の方たちにはお勧めしないよ。

スーパー・ファニーな痛快アクション。

ストーリーラインがそこまでおもしろいとは思えなかった。

すっごいおもしろい、絶対見るべき。

この映画、きっと何十年後に見ても古さを感じないと思うな。

子供にはこれで十分だ。大人にとっては噛んでも噛んでも味がしない駄作かもしれない。

圧倒的におもしろくて、笑い転げたよ。

この映画で笑える大人は幸せな大人。笑えない大人はちょっと休暇をとったほうがいいだろう。

80年代っぽい悪役が好き。

アニメーションが素晴らしいよ、カラフルだし、動作もテクスチャーも声も顔の表情なんかも秀逸だった。

大きなテーマはこの三つ。
家族愛、優しさ、イマジネーション。

グレイトじゃないけど、グッド。

1作目はかなり楽しかった。
3作目を9歳と11歳になった息子たちと見に行ったけど、3人揃って退屈してしまった。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ