【海外の反応】「一番かわいいカップル誕生」愛の感動作『光をくれた人』主演2人が実生活でも交際スタート

  • 2017/5/17
  • 0
via:eiga.com

実生活でも愛を育んだ主演2人

デレク・シアンフランス監督がM・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を映画化したヒューマンドラマ。

孤島ヤヌス・ロックに灯台守として赴任した帰還兵トムは、明るく美しい妻イザベルと幸せな日々を送りはじめる。やがてイザベルはトムの子を身ごもるが、立て続けに流産と死産に見舞われてしまう。そんな矢先、男性の死体と生後間もない赤ん坊を乗せたボートが島に流れ着き、夫婦はその赤ん坊を我が子として育ててしまう。

トム役を「スティーブ・ジョブス」のマイケル・ファスベンダーが、イザベル役を「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーが務めた。

ロケ地で共同生活して結束を固めるのがデレク・シアンフランス監督の流儀。急速に距離を縮めた2人はこの共演をきっかけに実生活でも交際をスタートさせたという。

via:http://eiga.com/movie/85548/special/

海外の反応

とてもオリジナルなストーリー。

あんまりこういうのは好きじゃないな。

「君に読む物語」みたいな感じ。

私も流産を経験してるから、直後に赤ちゃんが流れついて、これは運命だ!って思っちゃう気持ちもわかる。

演技が素晴らしかった。

2人が本物の夫婦のようだった。

本当に付き合ったんだね。運命の作品になったね。

そんなわけないだろーって展開だけど、かなり感情移入してしまった。

数奇な運命と愛の物語。

ちょっとテンポ遅すぎじゃない?

これを見てどれだけ泣いたか!

最後はずっと泣きっぱなし。

ルーシーがかわいくてかわいくて。

同じ母として生みの親、育ての親どちらの気持ちもわかる。
だから辛かった。

ロマンス・ムービーで一番かわいいがカップル誕生。

マイケル・ファスベンダーとアリシア・ビカンダー本当に可愛かった。

見る価値あり!

「君に読む物語」が好きだった人はこれも好き。

コスチュームデザインも素晴らしいと思った。

泣きたい人は見るといいよ。

こういうのは一人でひっそりと見たいな。

哀しい話。

泣いた~。

美しい海のシーンたっぷりの、悲しい悲しいメロドラマ。

私みたいに映画観て泣きたい人って結構たくさんいると思う。
そういう人たちには是非お勧め。
すぐ泣けるから。

この夫婦の絆が美しい。

ファスベンダーがファスベンダーらしくない演技だったと思ったけど。

確かに泣けたけど、何も残らなかった。

タイトルがあんまりセンスないよね。

批評家にはあまり好まれなかったようだね。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ