【海外の反応】『ゴースト・イン・ザ・シェル』が遂に日本公開!主役は「やっぱり日本人が演じるべきだった?」

  • 2017/4/30
  • 31
via:eiga.com

これがハリウッド版 攻殻機動隊

大注目の中2017年4月7日遂に日本でも公開されたSFアクション映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。

本作は士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をハリウッドが実写映画化したもの。

オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐を、「アベンジャーズ」のスカーレット・ヨハンソンが演じ、ビートたけし、桃井かおり、「イングリッシュ・ペイシェント」のジュリエット・ピノシュら豪華なキャストが揃った。

日本での評価はまずまずだが、海外のレビューには「主人公はスカヨハじゃなくて日本人の方がよかった」というような厳しいコメントも多いようだ。

via:http://eiga.com/movie/85891/

海外の反応

ビジュアルだけ、ドラマがない。

原作へのリスペクトがあることは認めるけど、ん~つまんない映画。

ビジュアルが最高!おもしろかった!

オリジナルとはまた違ったアプローチの仕方でとっても斬新かつエンターテイメント性もばっちりだった。

見た後に何も残らない。

草薙素子の役どころはやっぱり日本人がやるべきだった。

私もそう思う!

最高にクールな映画!
アクションもよし、演技もよし。
批評家からはかなり過小評価されてる気がする。

CGがすごい!

思ったよりはよかったけど、パーフェクトには程遠い。

IMAXシアターで見てほしい!最高だから!

オリジナルの漫画とアニメの熱狂的ファンです!
原作にすごく忠実に敬意を払って作られたのが伝わってきて嬉しかった!

他のアニメの実写化に比べたらいい方なんじゃない?

原作ファンである私を喜ばせるような内容じゃなかった。

主人公がスカヨハってことにまず違和感。

荒巻は映画監督の北野武。

彼は渋くてかっこよかった。

批判的なレビューは気にしないで見に行って欲しい。

ビジュアル・エフェクトがえげつないぞ!

原作も知らないし、何も期待しないで見に行ってびっくりするぐらい楽しかったよ!
とても美しく作られた映画だと思う。

「トロン」と「ブレードランナー」のミックス。
超クール!

この映画の雰囲気が好きだな。

おもしろいストーリーだね。

原作ファンから言わせるとキャスティングがまずかったな。

ビジュアル・エフェクトは良かったんだけど、何か決定的なものに欠ける。

星0.5個、いや、その0.5個も返してもらいたいぐらい。

スタイリッシュなビジュアルと、巧みなカメラワーク、ダークなストーリー。
自分がサイバーパンク映画に求めるものすべてが含まれていた。

スカーレット・ヨハンソン良かった。
アクションシーンの彼女はかっこいい。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 05:38:57 ID:E5MTg5OTk

    たけしの棒読みがシロート臭くてワロタw

    (9) (2)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 05:41:06 ID:k5NjM2Mzg

    見た人の評価があまり良くないんだけど・・・

    (10) (2)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 05:47:36 ID:A5MDA1NTI

    ぶっちゃけこのタイトルに興味でたならば、アニメ見ればいいと思うぞ

    (5) (2)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 05:51:32 ID:E5MTg5OTk

    主役云々以前の問題で、トグサ役も中華に頼らざるをえないのが実情。
    単純にアジア人なら英語格闘可能なミシェルヨーやチャンツィーが実績もあっていいわけで、事実日本人役もこなしている。
    残念ながら、ハリウッドで活動するような日本人女優・若手俳優はまったく育っていない。というより大部屋すらいない。

    ヨハンソンがアニメファンに叩かれるのは素子と比較したときの、単純な色気の問題であって人種問題ではないw

    (11) (4)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 06:04:27 ID:A3NTU3ODE

    たけしが酷かったけど他はまあ良かった
    押井版の取っ付きにくさを上手く解消してたと思うけど
    単純な娯楽作品になってる感はあるな。
    スカヨハは良かった

    (7) (5)
  6. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 06:39:27 ID:Y4MzM3Mjc

    そこまで叩かれるほど酷くないだろうに。
    何がホワイトウォッシュだ、くだらん。

    (9) (6)
  7. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 07:24:16 ID:MzMzg5NjQ

    途中から苦痛になった
    アニメはどこか神秘的な物を感じたがこれは下手に哲学的にしたせいで字幕が苦痛

    (5) (8)
  8. 名前:  : 投稿日:2017/04/30(日) 07:32:27 ID:YxMTA4NDM

    絶対吹き替えで見るべき
    押井監督よりエンタメ色強くて面白い方だと思う
    バトーさんが報われてる感あるし

    (1) (4)
  9. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 08:03:12 ID:AzNDcwNzg

    元の作品も押井の映画も見てない奴が非難してそう
    そもそも2時間で収められるような作品ではない
    大分変えてあるけど2時間でよく纏められてると思う
    この世界観のまま2作目も見たかったけど興業的に失敗したからもうダメだろな

    (1) (3)
  10. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 08:04:42 ID:AzNDcwNzg

    たけしの「トグサ(かーんちのイントネーション)」
    これだけが引っかかる

    (2) (1)
  11. Advertisement

  12. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 08:30:57 ID:Q3NDk3MTI

    あんなに面白い原作なのに、なぜかよくある定番のハリウッド物になってた。
    押し付けがましい白黒ハッキリしすぎた偽善解釈とアクション。
    でも流石めっちゃ金かかってるから迫力あるよ。
    英語がわからない人が字幕抜きで映像だけ楽しんだら面白いと思う。

    (2) (1)
  13. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 08:37:21 ID:E5MDY2Njg

    白人男性に「ヒデオ!」で少し冷めるなw

    (2) (1)
  14. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 09:02:33 ID:A4MTc4NTA

    >「トロン」と「ブレードランナー」のミックス。
    いや、ビジュアルが「ブレードランナー」の劣化版「ロボコップ」だろ。

    (2) (1)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 13:58:45 ID:AzNTUzNTQ

      それな
      おそらく製作陣が電脳について理解が半端で、ただのサイボーグものだと思ってるからロボコップになる

      (2) (0)
  15. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 09:40:14 ID:E1MzI0MDU

    アニメ見りゃいいよ

    (2) (2)
  16. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 10:03:49 ID:A5MDEwMzc

    まあ見に行ってもいいかなと思う
    ただ少佐のイメージはどうしても強烈に自分のなかにあるからそこがどうしても心配だよね

    (0) (1)
  17. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 10:30:04 ID:ExNjI3MTU

    GIS,SACからシチュエーションをかいつまんで再現している
    わかりやすいストーリーで、おおよそロボコップと変わらない
    大変なお金をかけたファンムービー

    (1) (0)
  18. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 14:23:24 ID:AzMjE0MDE

    何度も言わせんなw

    攻殻機動隊自体そもそも、人気がそれほどないw

    (1) (3)
  19. 名前:   : 投稿日:2017/04/30(日) 14:38:43 ID:k1MjU0MjY

    元々哲学ぽいテーマ(肉体と意識)がメインだから
    誰しもに受けるような作品じゃない

    (0) (1)
  20. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 15:45:54 ID:ExNjM2NDI

    いや
    ハリウッドなら~って妄言ほざいてたアホふくめて
    ハリウッドだろうと実写化無理だってドラゴンボールで学んでない
    金を特定の範囲で回すエンタメではないただの金融ビジネスになってる
    映画業界が問題

    (0) (0)
  21. Advertisement

  22. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 15:59:01 ID:Q3MzM5MTc

    とにかく少佐が弱い。
    後、家族愛で締めれば良いと思ってんのか?

    (3) (0)
  23. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 16:27:44 ID:I0OTE1NjM

    そもそも原作に忠実に作っても、そんな万人受けする作品じゃないと思うけどな

    (0) (0)
  24. 名前:タチコマ : 投稿日:2017/04/30(日) 18:58:33 ID:MzMjQ5Mzk

    身体はあくまでも魂を入れる為の作り物(義体)だとしても
    欧米では普通の体型かもしれないけど
    自分からするとスカヨハはムチムチし過ぎてなんか嫌だった。それならまだミラ・ジョヴォヴィッチとか最悪菊池凛子とかの方が良かった。
    字幕だとショック受けそうかと思って吹き替えで観てきた。
    スカヨハを米倉涼子とか変な配役されずに良かった。

    (0) (1)
  25. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 20:51:56 ID:Q0OTczOTA

    観たけどそんなに悪くはなかった(特にアクション表現)
    原作ベースで何とか新鮮味を出そうとしてる処と、押井監督版の兵器表現を残そうとした処なんかは監督の苦労が感じられた。
    只、素子の出生と6課の思考戦車のチープさは何故ああなった?って感じがしたから原作とは別物と認識すべきかも。

    (2) (0)
  26. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 21:24:06 ID:A2NjI3NzQ

    押井のクソウザいポエティックワードも無いし、説教臭さもなくて良かった。
    ストーリーも??なセリフが幾つかあるが、分かりやすく良くまてめられて納得できる。
    日本で実写化されたらクソバカアイドルが、学芸会するゴミになるだけだ。
    そもそも素子の顔の女優が日本にいるとは思え無い。スカヨハは良く似てる

    (0) (1)
  27. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/30(日) 23:47:13 ID:EwMzkzMzQ

    この題材でピストル撃ち合って決着とか変だろ

    (0) (0)
  28. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/01(月) 02:51:22 ID:I2MTQ5NTY

    声優目当てで吹き替えで見たけど
    期待してなかったから、失望もしなかった。
    CGは流石ハリウッド~って出来だけど内容はイマイチ。
    アニメの印象的なシーンだけを集めて実写にしましたって感じだった。
    そのせいか、印象的なシーンを矛盾なく繋ぐために書かれたストーリーは違和感ありまくりだった。
    オチは悪くはないけど、本当に原作リスペクトしてるのか疑問に思った。

    (3) (0)
  29. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/01(月) 11:44:46 ID:U2MTQ1MTA

    原作へのリスペクトは感じたけど、面白かった?って聞かれると、全然w
    母娘関係とか風呂敷畳む為に捻じ込んだようにしか見えないし

    (0) (0)
  30. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/01(月) 13:18:51 ID:Q2ODM2OTc

    女優さんをけなすわけではない。監督・演出家の
    少佐のセンス無さで見に行かなかった。
    例えば、オープニングの光学迷彩を着た姿が
    相撲取りの着ぐるみのに見えて萎えた。

    (0) (0)
  31. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/01(月) 13:48:08 ID:YxMjk2NTU

    外人のたけし信仰は一体何なんだ
    ただのチンピラ演技が渋くて格好良いという評価になるのが全く理解できん

    (2) (0)
  32. Advertisement

  33. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/05(金) 00:29:00 ID:k0Mzc1NDQ

    書くまでもない感想かもしれないが、印象として、実写化にあたり原作.映画.アニメや押井作品を見た人が頑張ってくれたファンムービーかな、元から好きな人かもしれないけど。
    一回見れば理解できるお話に落とし込んだ感じ。
    その意味では、ラストにいくにつれ、上手くまとめあげたなぁと感心したとこはあるし「気軽に攻殻の世界のリアルを楽しむ映画」として今作品のアイデンティティーを確立してると思う。
    ただ、これはたぶん一見さんの考えたものだと思う部分は所々あって、再現元のシーンの良さや込められたもの、いわゆるツボはあまり拾えてない。
    (個人的に、光学迷彩の敵との下りをやるなら腰だめで銃を撃ってくるのはやってほしかった。)
    ただ羅列してる様に見えて、完全初見の人はこのシーンは何だったのか(例えばなんで生きる実感?を得る為に海に潜る必要があったのか)と戸惑わないかと思った。

    と長々書いてしまったけど、あっちの監督や実力スタッフが集まってファンが喜ぶように作ったというのは素直に嬉しい(犬とかアパートの名前とかさ)。
    と同時に、攻殻は日本における第一級作品で実写化に向いた作品としては、まさしく虎の子なわけで、その意味合いを考えたら手放しで感謝はできない。あっちの業界人に舐められるからね。
    というわけで、
    「ファンムービーをありがとう、でも攻殻を実写にするならもっといけたよ」と釘は刺さないといけない そんな作品。

    (1) (0)

コメントをどうぞ