【海外の反応】「完璧じゃなくていいんだよ」笑って泣ける『リトル・ミス・サンシャイン』が教えてくれること

  • 2017/4/12
  • 3
via:eiga.com

アカデミー賞主要2部門受賞

サンダンス映画祭、東京国際映画祭、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など数多くの著名な映画祭でスタンディング・オべ―ションの大絶賛を浴びた2006年公開の『リトル・ミス・サンシャイン』。

小太りメガネの夢見がちな末娘オリーブと、勝ち組としての生き方に執着した父、優しいが疲れ果てた母、ひきこもりで一言も口をきかない兄、ヘロイン中毒でエロじじいの祖父、ゲイで失恋で自殺未遂した伯父。一般的な理想の家族とはかけ離れた機能不全家族が、オリーブのミスコン出場で、アリゾナからカリフォルニアまで家族全員で旅することになり、かけがえのない絆が見えてくる。

監督はこれまでジャネット・ジャクソンやREMなどのPVを手がけ、本作が劇場映画デビューのジョナサン・デイトンとバレリー・フェリス夫妻。

これは笑いながら泣かされる最高の一本である。

via:http://eiga.com/movie/33796/ https://www.rottentomatoes.com/m/little_miss_sunshine/

海外の反応

どんな家族でも誇りを持っていいんだ!って思わせてくれた。

元気をくれる映画!

キュートなストーリー、ダークなユーモア、笑えて泣ける最高の映画。

予算じゃないんだよね、いい映画ってのはさ。

ただのコメディじゃない、人生、生き方、そんなものも見つめなおさせてくれる深い映画。

今自分が持っているものを愛せるようになる、そんな作品。

これは自分が人生で出会った傑作3本のうちの1本。

人生すべてがうまくいくわけじゃないし、家族も完璧じゃないけど、一緒にいてくれる人がいる、それだけが最高のミラクルであり幸せ。
「完璧じゃなくていいんだよ」って言われたようで元気が出た。

ダークでファニー。

最初の食卓のシーンなんて気まずくてしょうがないし、
父親は嫌な奴に映ってる。
ところが最後には父親も最高の父親に、そして家族が最高のファミリーになっている。

よく書かれている。演者達の相性がぴったりなのがうかがえるね。

監督は長編初挑戦だったらしいけど、どれだけ天才なんだ!
何本とってもこれほどの傑作を世に出せる監督は少ない。

とてもチャーミングでハートウォーミングなストーリー。

アメリカらしいロードムービーだけど、アメリカ的価値観を批判していて面白い。

監督のスマートさがうかがえる作品。

ファンタスティック!必見の一本。

宝石のような映画。
どんな家族にも危機的状況は一度はやってくる、でもその時にどうするかで家族の絆は試される。

じいちゃんを連れ出すシーンはすごい!
不謹慎にも笑えて、そして泣ける!

あれはほんとに名場面。

2006年はインディペンデント系映画の地位がぐっと上がった年だと言える。
この映画の功績は大きい。

シドニー映画祭で観たけど、僕をはじめ、観客は大笑い、そして目には涙が溢れていた。

ダークでチャーミングでファニーそして感動的、私が映画に求める全ての要素がこの作品にはある。

兄役のポール・ダノが監督デビューするらしい。

じいちゃん役のアラン・アーキンがアカデミー助演男優賞獲ったんだよね。

ファンキーで最高のおじいちゃんだった。

しばらく家族に会ってないって人はこれ見るといいよ。

とってもパワフルで刺激的な映画。

ポスターを部屋に貼ってる。
この作品は私の宝物になった。
製作者に心から感謝するよ。

警察に止められた時に、父親が「みんな普通のフリをしろ!」って言った。
普通じゃないってことは自覚してるんだね。
普通って何?って感じだけど。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/04/12(水) 06:00:07 ID:M4MDM1NzM

    今ごろ?
    良い映画だとは思うけどwww
    大好きだ。また見るかな。

    (1) (0)
  2. 名前:  : 投稿日:2017/04/19(水) 23:12:07 ID:A5OTY4Mjg

    この作品でアカデミー賞脚本賞を受賞したマイケル・アーントはこの少し前までは脚本家として行き詰まっていたんだそうだ。そのときたまたまアメリカでジブリ映画をたくさんやっているところがあってそこでたまたま見た高畑勲の「となりの山田くん」に感銘を受けて一気に脚本を書き上げた。そして初執筆の「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー賞を受賞することになる。これがきっかけで「トイ・ストーリー3」や「スターウォーズ フォースの覚醒」などの脚本に抜擢される。

    大傑作「トイ・ストーリー3」のアートディレクターは日本人の堤大介という人がやっているんだが、この人は宮崎駿の姪と同級生。この宮崎駿の姪というのが「となりのトトロ」のメイのモデルになった人。なんとこの堤大介と宮崎駿の姪が結婚している。それまで堤大介は宮崎駿と少し面識があるくらいだったのだが、まさかの親戚になってしまった。堤大介は最初このことを知らなかったらしい。

    (1) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/05/03(水) 15:24:40 ID:k2MzA2NTE

    ポール・ダノ好きだわ~
    なんでか分からないけど

    (0) (0)

コメントをどうぞ