【海外の反応】「この世界観を忘れられない」松本大洋原作『鉄コン筋クリート』のシュールさがウケてる

  • 2017/3/18
  • 2

松本大洋原作『鉄コン筋クリート』の劇場版

雑誌「ビッグスピリッツ」で連載された松本大洋原作の同名の漫画の映画版『鉄コン筋クリート』。

監督は「アニマトリックス」のマイケル・アリアス。制作は日本アニメ界の匠、スタジオ4℃が担当。

声優には二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎などが揃った。

via:http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E9%89%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E7%AD%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88/324734/ https://www.rottentomatoes.com/m/tekkonkinkreet/ http://www.imdb.com/title/tt0831888/

海外の反応

アーティストとしてこの作品のアニメーションにすごく刺激を受けた。

とってもユニークなアニメーション。
しずかなストーリー、そして全体的に漂う哀愁。

アニメ作品で一番好き。

「パプリカ」のシュールレアリズムと、「エヴァンゲリオン」のバイオレンスと、「AKIRA」の近代的な都会の風景とが混ざっている感じ。

一言で言うといい味のあるアニメ。

ダークで、とってもユニークだね。

松本大洋の描く世界観は自分の想像を超えていた。

シロとクロは陰陽を象徴している。

ストーリーはかなりあいまい。

マイケル・アリマスはユニバーサル・スタジオの「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」のモーションのプログラミングを担当した人物でもある。
日本に住んでるらしいよ。

新しい時代のおとぎ話。

なんともいえずシュール。

言葉で説明するのは難しい映画。
でも星5つだと思う。

素晴らしい仕事!マイケルは天才か!

強いメッセージを感じるアニメーション。

風景の描写が細かい!

UKテクノの重鎮Plaidが手がけたサウンドトラックが世界観にすごくマッチしていた。

この映画忘れられないんだよね。

これは東洋的なの?古くも新しくもある、そして未知な感じが不思議。

自分には無国籍な感じに見えた。

最新の3DCGと手描きを巧みにミックスしてある。

宝町はどこの国でもないけど、どこの国にもなりうる。

アメージング!でもどんな言葉を当てはめても十分じゃないよ。

白と黒、無垢と狂気、喜びと悲しみ、楽しみと痛み

この映画、アニメ好きなら絶対見るべき一本。

ただ日本のアニメというジャンルにくくることはできない作品。

大人向けのクオリティ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/19(日) 07:09:45 ID:k3MDk5ODI

    こういう都市の描写が好きだなー 複雑に入り組んだ都市 

    (2) (1)
  2. 名前: : 投稿日:2017/03/20(月) 15:24:57 ID:YzMTIzMzY

    年に二回は原作読み返してる
    けどアニメはDVD一度見て人にあげちゃった

    このアニメに限らず大抵のアニメの主人公か覚醒する前の壁に当たったり、モチベーションなくしたりウジウジと暗ーい感じなる展開本当嫌い

    (0) (0)

コメントをどうぞ