海外ファン「どっちも嫌!」『ドラゴン・タトゥーの女』続編、主演コンビは新キャストに!?

  • 2017/3/16
  • 2

2011年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編の主演コンビが、どうやら新たにキャスティングされるようです。

スウェーデン人作家スティーグ・ラーソン著の推理小説『ミレニアム』シリーズ3部作の1作目を原作に映画化された『ドラゴン・タトゥーの女』では主演をダニエル・クレイグとルーニー・マーラがつとめましたが、今回製作開始が発表された続編ではナタリー・ポートマンまたはスカーレット・ヨハンソンが新ヒロインにキャスティングされるのでは、との情報があります。

これに海外ファンは「ルーニー・マーラにしか勤まらない」「スカジョーは見飽きた」と批判的な反応を示しています。

続編は『ミレニアム』シリーズの2作目の映画化ではなく、2015年にダヴィド・ラーゲルクランツが書いた4作目をベースとしたものになるということで、タイトルは『The Girl in the Spider’s Web』(原題)。

監督は『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス、脚本は『マリアンヌ』のスティーヴン・ナイトとジェイ・バスが手掛けるとのことです。

全米公開は2018年10月5日に予定されています。

via:http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/14/47820.html

海外の反応

前作のコンビのままが良いよ。最高だった。

でもナタリー・ポートマンなら受け入れられるな。

スカーレットには勤まらないよ。演技もソコソコだし。ナタリー・ポートマンは演技は巧いけどこの役にはハマらないと思う。

ルーニー・マーラが最高だったのに、どうして別の女優にするの?

キャストが替わるのは悲しい。

どうして最近は何もかもスカーレット・ヨハンソンになるのかな?

すごい分かりやすいチョイスだね。メリル・ストリープにしたら?

今回はリブートじゃなくて続編なんだよね。だったら元の女優でいいじゃないか。この役はルーニー・マーラのものだよ!

どうせキャストを変更するなら誰か新進気鋭の女優にしてほしいな。

スカジョーでもナタリーでも、どんな過大評価されている女優でもなく、誰か新風を吹き込んでほしいな。

スカーレット・ヨハンソン働きすぎ。

一作目と同じ製作陣にしてほしいなぁ。

スカーレット・ヨハンソンが嫌いな訳じゃないけど、この役には似合わないよ。

っていうかこの作品を映画化する必要性が無いよ。どうせするならルーニー・マーラを再キャスティングしてほしい。

どちらか選ぶって言われたらナタリー・ポートマンだけどね。

ヒース・レジャーが永遠のジョーカーであるのと同じく、この主人公は永遠にルーニー・マーラのものだ。

スカジョーもナタリーも「女性」っぽすぎるよ。

ルーニー・マーラは本当に素晴らしい演技をしていた。どうして彼女をもう一度起用しないの?理由が分からないよ。

それはハリウッドの「ダークサイド」だよ。

「ビジネス」ってやつだろ。

きっと暴力的なシーンや性的なシーンが含まれるから多分ナタリー・ポートマンは引き受けないだろう。

また映画の再利用?すでにスウェーデンで映画化されてるじゃないか!ハリウッドは本当にアイデアにつきたんだね・・・

これはトロンのリブートのニュースよりキッツイや。

ルーニー・マーラでいいじゃないか、まだ若いし、あの役は彼女のものだ。

この二人以外なら誰でもいい。

リブートならうんざりだ。でも続編なら、もとのキャストを起用してくれなくちゃ意味がない。

スカジョーもナタリーも不十分。お金は稼ぐだろうけどね。

ルーニーはどうしてこのキャスティングに手を挙げないの?

ダニエル・クレイグは誰に替わってもいいのかなw誰も気にしてないみたいだけど。

スウェーデン版の3部作がすでに素晴らしいものだから、これ以上この作品をハリウッドで作る必要はないよ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/16(木) 07:52:33 ID:AzMTgzOTc

    一度そのシリーズのヒロインとしてイメージが定着した女優を途中から変えるとなると
    ファンには大きな抵抗があるだろうな。
    結果的には損しかないように思えるのだが、、なんで換えるかな。契約上のトラブルでもあったとか。

    (1) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/16(木) 08:47:42 ID:kxMzYxODI

    オリジナルのスウェーデン版の方が面白かったな
    やっぱりリスベットはノオミじゃないと

    (1) (0)

コメントをどうぞ