【海外の反応】「映画は”見る”から”同期する”へ!」まるでFPS!1人称視点で描く『ハードコア』は映像革命新次元!

  • 2017/3/13
  • 3
via:eiga.com

まるでFPSの世界 ストーリーを体感せよ!

映画の常識を打ち砕く映画が生まれた。
FPS(ファースト・パーソン・シューティング)さながらに一人称視点ですべてが描かれている映画『ハードコア』だ。

監督はロシア出身の新人監督イリヤ・ナイシュラー。

ヘンリーというサイボーグ化された男が妻を守るために挑む壮絶な戦いを全て一人称視点で「体感」するこの映画があなたを映像革命新次元へといざなう。

映画は「観る」から「同期する」へ!

『ハードコア』は2017年4月1日に日本公開。

via:http://eiga.com/movie/84713/ http://hardcore-eiga.com/

海外の反応

これは映画の常識を塗り替えてしまった!

これね、三半器官弱い人は見ちゃダメよ。

これアクションだと思うかもしれないけど、コメディでもあるよね。

ヘンリーは謎の組織と戦っていたけど、オレは吐き気と戦ってたぞ。

これは一人称視点の「ジョン・ウィック」だ!

FPS好きな自分にはたまらない映画だった!

ゲームと違って自分でコントロールできないことにイライラしたんだけど。

コンセプトが素晴らしい!

話の種に見る価値ありだよ。

すごいB級感漂ってるんだけど、一瞬でハマッたよ。

まさにハードコア、でもハードコアだけでなくスリリングでかっこいい。

この映画はロシア人監督のイリヤ・ナイシュラー率いるパンクバンド「バイティング・エルボー」のミュージックビデオが発端で生まれたんだよね。

これがバイティング・エルボーの1人称視点で描かれた「Bad Motherfucker」のMV。

だめだ、これ酔うね。

世界中で1.2億回も再生されて話題になったらしい。

アクションは素晴らしいけど、ストーリーがゴミ同然。

こんな映画観たことない!

新しい!

映画もここまで来てしまったか!

酔い止めを忘れずにね。

まさにノンストップアクション。1人称視点だから逃げ場無し。ちょっと休ませて欲しいとさえ思った。

そう逃げ場なし!殴られたりしすぎて疲れた。

観るじゃなくて同期するね。
上手いこと言うね。新しい!

自分は大丈夫だったけど、席を立つ人結構いたよ。
これは吐き気に注意。

FPSって最高!

新しいもの好きにはもってこいの新体験。

3D映画が出た時よりもびっくりした。

ゲームとsci-fiアクション好きならおすすめだよ。

お金の無駄だったと思った。

人がFPSゲームをしてるのを見てる時と同じ感覚。

初めて映画の途中で映画館を出ちゃった。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/13(月) 21:50:08 ID:I5NDQ3NzA

    ブレアウィッチプロジェクトは一人称視点だったよな

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/13(月) 22:48:57 ID:czNDAwNTk

    こーいうテーマパーク的な映画が流行っていくんだろうか…

    (0) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/14(火) 03:15:27 ID:E4NDcwNjY

    映画館で予告みたけどなんか主観目線のエロビデオみたいでちょっと笑ってしまった。
    アクションは凄そうなだったけどね。
    発想の元ネタは多分、8年代位前にガイ・リッチーが監督したNIKEのCMだと思う。
    サッカー選手の生活や歴史を一人称で捉えた作品だったけど良くできてた。

    (0) (0)

コメントをどうぞ