海外ファンも期待大!『メアリと魔女の花』予告編公開!

  • 2017/3/3
  • 9

新作アニメ映画『メアリと魔女の花』の予告編が公開されました。

スタジオジブリで『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を監督した米林宏昌監督と、『かぐや姫の物語』を手がけたプロデューサー西村義明さんがジブリ解体後立ち上げたスタジオポノック制作による、はじめての長編アニメ映画として話題の本作品。

イギリスの作家、メアリー・スチュアートによる児童文学を原作とする冒険ファンタジーです。
7年に1度しか咲かない花「夜間飛行」を見つけた主人公のメアリが、一夜限りの不思議な力を手に入れ、魔女の国に飛び立つというストーリー。

本作品は7月8日に全国公開予定です。

via:http://www.cinra.net/news/20170224-marytomajonohana

海外の反応

これは期待できる。米林監督の腕は信用してるよ。

新しい「ジブリ」のおとぎ話は死ぬほど楽しみだ。今回の作品はこの予告編を観る限り、とても美しい。とっても楽しみだよ。久石譲は作曲に参加しないのかな。

多分しないだろうね。ジブリ作品でも、米林監督の作品2作では彼は作曲していない。

でも実現したらとても嬉しいのに。彼は素晴らしい作曲家だ。

この作品は宮崎駿監督の影響があって当然だ。それは悪いことだとも思わない。この映画はとても手をかけられて作られてることが感じられる。

少し馬鹿げた質問かもしれないけれど、作画スタイルというものは商標登録できないの?

ディズニーはそうしようとしたけれど、できないみたいだよ。

作画スタイルや監督のスタイルが特徴的なら、それは商標登録されるべきだと思うけどね。

スタジオポノックはスタジオジブリの出身者が立ち上げたスタジオだ。監督も含めてね。

自分が待ち望んでいたのはこの作品だよ!

ジブリの作品を何年も愛し続けてる。この予告編はするべき仕事をしていると思う。公開日に観に行く!

「魔女の宅急便」、「ポニョ」、それから「ハウル」、「千と千尋」の要素がこの予告編から感じられた。自分にとっては喜ばしいことだ!

この予告編ではまったくまだ筋書きが読めないところが嬉しい。とても楽しみだ。

この製作陣の努力は認める・・でも彼らが超えようとしているのは、誰にも超えられない存在だ。

予告を観る限り、あんまり新しさは感じないけれど、でもスタジオジブリの雰囲気を継承しているから、間違いなく観に行く。

宮崎駿の真似っこだ。

「思い出のマーニー」を観た時感動で泣いてしまった。同じ監督の作品なら、間違いなく観るだろう。

素晴らしい。とっても楽しみだ。ジブリの初期の作品の魔法のような世界がとても恋しいからね。

これはとても美しい作品になりそうだ。とても楽しみにしている。

この主人公は、トトロのメイちゃんが大人になったような容姿だね!

ハウルの動く城の影響が特に色濃く感じられたよ。

この作品が気に入ることはもう分かりきってる。とっても美しい!

スタジオポノックが、スタジオジブリ出身者が立ち上げたスタジオならば、これはとても素晴らしい出来上がりになることは容易に予測できるよ。期待してる。

ジブリのスタイルを継承しているようだから、とても楽しみだ。まさに新しいジブリの作品が生まれたのと同じことだ。

これが「ジブリ」の作品でないことに驚いたんだよ。出身者のつくった会社なら、納得だ。

素晴らしい出来上がりだと思う。あの老巨匠が退いたあと、ジブリの元スタッフ達がどんな作品を作り上げるのかとても興味深いよ。

神様ありがとう。ジブリの精神はまだ生きている。アートワークがとても美しい。

この作品はとても待ち遠しい!ジブリの大ファンだからね、特に宮崎監督が好きだった。だから同じスタッフが作る作品はとても待ち遠しいよ。

ジブリの精神はかたちは無くなってもまだ生きている。神様ありがとう。

信じられないくらい美しいよ。楽しみだ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/03(金) 16:24:54 ID:E2ODc4NzA

    >少し馬鹿げた質問かもしれないけれど、作画スタイルというものは商標登録できないの?
    さすがアメリカ
    こういう金に汚い発想は日本にはないな
    そうすると宮崎駿の作画を参考した同人誌みたいな絵ならおkという事か

    (0) (3)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/10(金) 10:16:33 ID:E1NzI3MDY

      日本だって商標登録といった利権の存在は昔からあるが?
      それは金に汚くなくて、なぜこの提案は汚いんだ?
      汚いという定義の根拠なし

      (2) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/03(金) 18:26:58 ID:IyOTI5MTk

    金に汚いというか(間違いではないけど)、海外ではパクっておいて起源主張してきたり、逆に訴えてくるから怖いよな。
    そういう意味で、単純に汚い人がたくさんいるって事だと思う。

    日本だとキチガ○はちゃんと白い目で見られるし、間違っても汚い人達が裁判で勝っちゃうなんて滅多にないし。大体の人達がリスペクトしてます大好きですって言いながら真似るよね。

    (0) (1)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/10(金) 10:20:14 ID:E1NzI3MDY

      版権無法地帯のコミケが日本の文化とされてるのに説得力は感じない
      これもよく考えればキ○ガイ市場であり、自身が楽しむ目的で作家へのリスペクトなんてしてない

      (3) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/03(金) 20:09:54 ID:IxNzAwMzE

    特報見てたらハウルとか魔女宅とかポニョとか色々思い出した

    (0) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/03(金) 20:27:45 ID:M4MjU4Njc

    またパヤオっぽい何かが出てきたのか…
    そこからの進化はないのか?

    (0) (3)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/10(金) 10:29:07 ID:E1NzI3MDY

      内情を知らなそうだから説明するが、これはスタジオポノックの作品である
      ジブリは圧倒的収益を生み出してくれた宮崎駿が引退したことで、正社員述べ300人のジブリスタッフを
      食わせることが出来なくなり、現在はアニメ製作を休止してる、当然ジブリの正社員の殆どは解雇された
      それでもジブリアニメを作りたいが為に元社員達で立ち上げられたのが、このスタジオポノックである
      ポノックの米林監督と西村Pは、メアリの製作発表の時に”ジブリの血を受け継ぐ”とまで発言している
      一つだけ確かな事は、このポノックのスタッフ達はジブリを出たくて出たわけじゃないということ

      (4) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/10(金) 10:40:04 ID:E1NzI3MDY

      実際のジブリの経営はかなりカツカツで、興行150億円のポニョでさえトントンにもってくのがやっとだったという
      米林監督はアリエッティやマーニーで高い興行成績を上げてるが、宮崎駿には届かないしこれでは食わせられない
      ジブリは宮崎駿の圧倒的収益があったから存続出来たスタジオで、以前のように復活する事はもはや事実上不可能
      ただ正社員雇用は出来なくなっただけなので、他と同じく非正規雇用での製作なら稼働出来る可能性がある
      おそらくそれに向けた身辺整理をする為に、鈴木Pは現時点での製作休止を発表したのだろう
      ただ、復活は保証もなく、その間無収入というわけにはいかないので、元社員達はポノックを立ち上げるに至った

      (4) (0)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/06(月) 17:07:49 ID:MyOTQ2ODU

    進化っていうのは以前のものを継承した先にあるものなんだけどな

    (2) (0)

コメントをどうぞ