【海外の反応】『この世界の片隅に』の北米上映が決定!「心の根底が震え熱い涙が止まらない」日本アニメの成熟度に世界が脱帽

  • 2017/2/7
  • 60

『この世界の片隅に』北米配給が決定!

片渕須直監督の長編アニメーション『この世界の片隅に』の北米配給が決定した。

英語タイトルは『IN THIS CORNER OF THE WORLD』で、今夏、アメリカ、カナダのの劇場での公開を予定している。

全国で異例の大ヒットを記録している本作は、戦時中の貧しい時代をつつましくも前向きに生きる人々の日常を描いた作品で、国内の興行収入は既に13億円を突破している。

via:http://eiga.com/news/20170201/12/

海外の反応

今年のアニメのラインナップは過去にないほど最強だな~

アニメだけでもどれから見ればいいのか迷っちゃう。どうしよう。

自分はアニメほとんど見ないけど、2016、2017年のアニメ映画のラインナップを見てると、見たいと思うものがたくさんある。
アメリカのアニメも、日本のアニメも。

この映画は本当にグレートな映画!絶対に見た方がいいよ!

傑作と言われる作品は数あれど、これは真の傑作。
見た後、劇場からの帰り道、電車の中で30分も涙が止まらなかった。

この映画は観た人に、悲しみと幸せと希望が入り混じった感情を与えてくれる、精巧に作られた素晴らしい作品。

言葉にならない感動。

これは戦争映画じゃない。第二次世界大戦中の普通の人の普通の物語。

涙が止まらなかった。

戦争中の人々の暮らしを描くことで、誰もが普遍的に抱く平和を望む気持ちが伝わってくる。

片渕のアプローチの仕方が素晴らしい。

やっとアメリカで見られるんだね!

泣けた!

どうして日本のアニメはアメリカでの配給がいつも遅れるの?

手続きに時間がかかるのかな?

金額的に折り合いがなかなかつかないのかな?

来年のアカデミー賞の候補になることは間違いないと思うよ。

予告編を見ても大してみたいとは思わないけど、観た人の評判があまりにいいから見てみたくなった。

日本でも口コミでジワジワと話題が話題を呼んで異例の大ヒットしてるんだよ。

『火垂るの墓』とは全く違う戦争時代の映画。

世界平和の第一歩はまず家庭平和。

SNSで話題になってる。この映画と『君の名は。』がごっちゃになってたけど、別々の二つの映画なんだね。

今年は見たいアニメがいっぱいあるなあ。

映画を見てこれほど泣いたことはないかもしれない。

心の根底が震えるような感動の熱い涙が出た。

日本のアニメの成熟度には脱帽だね。

もはや、アニメか実写かなんて関係ない域まで来ている。

全然説教くさくないのに、なぜ戦争をしてはいけないのかっていうことがこの映画に詰まっていると思う。

片渕監督は聡明な方なんだろうなと思った。

実に巧妙に作ってある映画。

サウンドトラックと映画の雰囲気がぴったり合ってる。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 19:47:38 ID:IxMDM3Njc

    こういう地味なアニメがアメリカで受けるかな?
    もっとアクションシーンを増やさないと寝ちゃうんじゃね。

    (3) (25)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 19:55:44 ID:E3NTIzMTI

      火垂るの墓も評判いいじゃん
      そういう層を狙ってんだろ

      (13) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:37:00 ID:A1NTk0ODE

      アニメは子供が観るもの、っていう古い価値観がまだまだ一般的だからね。

      (3) (1)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 04:10:55 ID:Q2NjU2Njk

      すずが零戦を奪ってB29を迎撃するシーンが欲しいよな

      (2) (10)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 08:27:44 ID:c0NjczNjc

      あの空襲シーン見てそれ言える感性に憐れみを感じます

      (10) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 10:29:33 ID:E4ODgyODg

      こういう人達の上に、原爆を落として実験したんだよ。

      (4) (2)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 15:06:02 ID:gxMzY2ODM

      予告編だけで映画観てないだろ!

      (2) (1)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 19:52:41 ID:U0Nzk1NTI

    >これは戦争映画じゃない。

    わかってる人がおってよかった。

    (48) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 19:57:06 ID:M3NDMzMDE

    >実に巧妙に作ってある映画

    これに尽きる。
    原作の漫画も本当に細かく考えて描いてあるけど、
    アニメならではの音と動きの臨場感がすごかった。
    爆撃や機銃掃射が怖いって、観ている間より翌日の方がじわじわ思うんだよなあ。
    映画は沢山みてきたけど、めったに感じない感覚を味わえた。

    (41) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:21:39 ID:k2NTQxMTY

    君の名はより、全然こっちの方がいいアニメ映画!間違いなく!
    残るわ!こっちのほうが!

    (28) (13)

      Advertisement

    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 08:29:03 ID:c0NjczNjc

      いい加減そういうもの言いやめね?
      何かを別の目的があったのことならなお救えないが。

      (8) (0)
    • 名前:マテ茶 : 投稿日:2017/02/08(水) 16:05:36 ID:UxNzM3MzY

      対立煽りやってんの?
      そういうのは他所でやれよ。

      (6) (0)
  5. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:29:34 ID:Q2NjY2ODE

    久々に映画館いくか・・・

    (16) (0)
  6. 名前:ひしろん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:31:21 ID:M4NDA3MDA

    良い映画だった。本当に良い映画だった。
    原作にもあるから仕方ないけど、
    ネットでも議論あるけど最後方の太極旗は唐突だった。
    何?って感じだった・・。
    それ以外は120点満点。

    (13) (21)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:35:52 ID:E3NjQ3MjQ

      大東亜共栄圏は幻だった。
      力で押さえつけてるだけで、意味を持たなかった。
      戦争は全て無駄だったって虚無感を表してて悪くないと思うけどな。

      (16) (15)
      • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:37:59 ID:Y0MzgxNTI

        すずさんがそうした考えに至るまでの伏線がないから唐突に感じられるのよ
        原作の表現でも十分とはいえないのに、尺に制限のある映画の中で観客にそこまで斟酌させるのには無理があったという話

        (3) (9)
      • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:59:06 ID:Q1OTk3ODY

        戦争に「負けた」から何もかも「無駄」だったと言い切るんはすこし配慮が足らんのでは?
        そういう人こそこの映画を見るといいよ

        (4) (8)
        • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:12:18 ID:E3NjQ3MjQ

          戦争が有益って事はないでしょ、科学技術の発達とかを除けば、人命が無駄に失われるだけじゃん。
          国の為にって勇壮だけど、自分はそういった理由で死にたくもないな。
          自然災害に巻き込まれる方がまだ良いわな。
          戦争で亡くなった人達全員が、有意義な死を迎えたとは思えない。靖国に祀られてる死者は尊ぶべきとは思うけどね。

          (9) (5)
          • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/11(土) 06:06:04 ID:AwNTExOTE

            日本の江戸時代から大東亜戦争時にかけて、世界は白人による植民地支配の時代で、
            日本が戦わなければ有色人種は完全に奴隷になっていた

            ソース
            『アジアの欧米植民地の残虐さ/日本人にはとてもできない悪魔の所行』
            『日本なかりせば、20世紀に地球規模のアパルトヘイトが完成していた』
             で検索

            (4) (8)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 04:12:23 ID:Q2NjU2Njk

      そりゃ状況が変わった事を端的に示す描写に決まってんじゃん

      (14) (1)
  7. Advertisement

  8. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:34:11 ID:IxMDMyNzY

    これをノミネートしたらアカデミー賞もうだうだ言われなくなるんじゃないかと言うぐらい本当に良いアニメであり、映画だった。

    (23) (0)
  9. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:42:05 ID:Y1MDI5MjE

    ドイツ上映時の観客は、座敷童子とバケモノの正体がわからなかったらしい
    そりゃそうだろうな

    (19) (0)
  10. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 20:47:45 ID:Y0MzgxNTI

    本物は世に出た瞬間から既にクラシックなんだと実感した
    間違いなく今後の基準となる映画だと思う

    (25) (0)
  11. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 21:19:33 ID:M0NTkxODY

    アメリカではこういう日常系はウケないだろうな。
    まぁ爆弾が散らばるところだけは盛り上がるかもしれないが。

    (3) (12)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:25:21 ID:UzMzk3Mzc

      アホみたいにあるけどあまり映画を見た事ないんか

      (8) (1)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 08:32:06 ID:c0NjczNjc

      日本でもアメリカでもアホはアホだし、そうでない奴はそうでない。
      お前を見てそう思うよ。

      (3) (0)
  12. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 21:21:59 ID:MyODcwNzM

    日本にいる外国人か英語できる日本人がコメントしてるんだろうけど
    実際に北米やその他の世界公開後の評価がどうなるのかは興味がある
    実際に戦場になった欧州や反日イデオロギーじゃないアジア圏なら共感出来るんじゃないかと思うんだけど
    俺は5回目をいつ観に行こうかと思ってる

    (13) (0)
  13. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 21:28:56 ID:A0OTExOTk

    これは昔の話だけど現在進行形の話でもあることにみんなが気づかくてはならない。

    (20) (0)
  14. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 21:41:07 ID:MyODcwNzM

    向こうのアニオタ的には受け付けない絵柄だから
    いわいるジャパニメーションが好きな層には届かないかもなあ
    下手すりゃ「作画崩壊」とか言いかねないからヤツラw

    (2) (10)
  15. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 21:58:16 ID:g1NjU1NjY

    俺も2回観に行って、今度再上映で3度目4度目行くつもり
    この映画はすごい

    (14) (0)
  16. Advertisement

  17. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:29:03 ID:EyMjQwNTY

    1945年8月15日、ある者は畑で号泣し、またある者は軒裏で声を殺して慟哭していても、その日の晩御飯はつくらにゃいけんというのがもう、もう。

    (24) (0)
  18. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:34:53 ID:QyNjE1MTA

    冒頭のクリスマスで賑わう広島の街のシーンですでに涙腺決壊。すぐに作品世界に引き込まれ、長い上映時間もあっという間だった。先入観で辛気臭そうとか左翼映画とか言って観ないのは勿体ない。
    元々原作の力も大きいが、それをアニメならではの表現手法で完成度の高い作品に仕上げた監督の手腕が凄い。

    (17) (0)
  19. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 22:50:36 ID:U1NDkzMDU

    片渕監督はアメリカでも傑作として名高いエースコンバット4と5のストーリーと脚本書いた人なんで、ゲーマーでは知ってる人多いと思うんだけどね。

    (9) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 00:07:13 ID:MwODMwNzA

      だから兵器の描写もやたらリアルなのよな
      あの辺はDVDでなく音響の良い映画館で観るべきやと思うわ

      (9) (0)
  20. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:02:46 ID:Q4MDA2MzM

    親が見たいというから原作のマンガをプレゼントしたら、つまらなかったと言われた。
    映画の方が見やすいのかな?

    (1) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 03:02:53 ID:U2NTIwOTM

      この作者の漫画って細かく伏線張ったり創意工夫が細かいから、普段から漫画読みこなしている人でないと気がつかない部分が沢山あるからなあ。

      (3) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 10:27:29 ID:Y2NDg0NDQ

      実際原作漫画は心情描写とか場面場面の意味とか分かりにくい
      絵も描き込みすごいところとめっちゃ白いページの差が大きいし
      俺も映画見てから読み直したらああそういうシーンだったのかって思ったわとこけっこうある

      ただ旦那とりんちゃんさんのくだりはカットされたのもあって伝わりにくいだろうなあ
      旦那が売春婦と結婚まで考えてたけど猛反対されたから当てつけで一度会ったきりの自分が選ばれたとか
      そういうドロドロした人間の一面も描くのがすごいんだけども

      (5) (1)
  21. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:24:18 ID:g1NzA4MjQ

    座敷わらしに関してはバケモノと翻訳するんじゃなくて、フェアリーやスピリットとして翻訳すれば良かったのにな。
    向うにもブラウニーみたいな家妖精いるんだし。

    (12) (0)
  22. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:33:02 ID:Y0ODI4MTQ

    「この世界の片隅に」もロングラン中だけど、うちのとこの映画館では「マイマイ新子」を2週間限定で再上映するらしい。
    せっかくじゃけえ見に行こうかねぇ

    (11) (0)
  23. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/07(火) 23:58:57 ID:M2MDgwOTg

    『火垂るの墓』は戦争の悲惨さを訴えるアニメ
    『この世界の片隅に』は「ここにある幸せ」訴えるアニメ

    (14) (0)
  24. Advertisement

  25. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 00:03:54 ID:MwODMwNzA

    難民の話とも関係するよなぁとも思ったり
    普通の人の普通の生活を奪うものとは、っていう
    正義の反対は別の正義なんて言うけど
    そもそも正義だ悪だなんて論争が人の幸せな生活に関係ないんじゃないか、みたいな

    (6) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/10(金) 08:19:03 ID:k3MjM0Njc

      最近ネットでよく見る
      正義感から集団で人を貶めたり
      それを利用して楽しんでいる人の姿を見ると
      正義っていうのは扱い方次第で怖いモノなんだなとつくづく思う

      (3) (0)
  26. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 00:20:11 ID:AzODUxNDk

    上映中はひたすら冷静に観ようと心がけて(それでも何度かジワッときたけど)、
    家に帰って予告やら録画しといたTVの特集やらですずさんの声を聞いたらもう崩壊。
    何気ない時でも思い出すと、しみじみウルウルしとるんじゃ。

    (8) (0)
  27. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 00:26:20 ID:AxODM4ODM

    映画版の座敷童子は、それこそ妖精扱いでいいのかも
    EDの途中で席を立ったら最後のタネ明し映像を見逃す訳だし
    あのワニが何なのかは、原作読んでないと日本の観客でも理解できないしね

    (2) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 11:57:39 ID:Q4Njg5NDA

      妹と再会した時に「ワニのお嫁さんをもらってー」って言ってる

      (1) (0)
  28. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 04:15:32 ID:Q2NjU2Njk

    とてもいい作品だが号泣はしなかった
    本当にザ・日常系として見ちゃったからな

    (2) (0)
  29. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 05:33:30 ID:Y3OTc3Mjk

    人さらいとワニがなんなのかは、映画でも出てたと思うよ

    (0) (0)
  30. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 12:42:49 ID:YyODAwNjI

    >SNSで話題になってる。この映画と『君の名は。』がごっちゃになってたけど、別々の二つの映画なんだね。

    うん、そうだね
    ttps://twitter.com/yamatotajimaya/status/828149316678152193

    (0) (0)
  31. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 15:09:42 ID:kwMTQ1MTE

    海外でも映画好きや文学好きなら
    マジックリアリズム的手法くらい珍しくもないでしょ

    (2) (0)
  32. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 19:45:00 ID:QwNTk4MjQ

    結局は、この映画をみていまの難民だなんだと騒いでる国を見ると
    如何に本土決戦を避けることの大事さと
    大変な時期だから助け合うこと、日常を失わない様に努力することの
    大切さを再確認する

    いま内戦くりかえしてる国ほど一度見つめなおした方がいいだろう

    (2) (0)
  33. Advertisement

  34. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/08(水) 21:02:08 ID:UxNzM3Mzg

    原作&原作者のファンとしてはこの反応や評価は嬉しい。
    けどなんか余計なのも張り付いてるようでなんか嫌。
    気のせい?

    (4) (0)
  35. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/09(木) 07:58:18 ID:I0MTUyNjA

    南朝鮮の旗は何の為に出したの?

    (0) (0)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/09(木) 09:10:52 ID:I1NTcyMDY

      敗戦、つまり大きく社会環境が変わってしまうという意味。
      それだけ。
      大きく社会が変わっていこうがなんだろうがそれでも普通の人々は生活をしていかなくてはならないし、またそれは素晴らしいことであるってこと。

      この映画においては戦争とか、敗戦とか人生を左右する大事件がずっと描かれるが、乱暴な言い方をすればそれはあくまで舞台であってそれ自体に大きな意味はない。この映画を語るうえで戦争についてやたら脊髄反射して「反戦ガー」とか「太極旗ガー」とか言ってる人は大事なところを(それも一番大事なところを)見逃している。
      現代に生きる我々は戦時下にはない。だけどこの時代なりに、その人なりに大変なことに直面しながら生きている。死にたくなるような状況にある人もいるでしょう。それでも生きていかなければならないし、またそれは素晴らしいことなんよ。

      我々はすずさんであって、すずさんは我々なのだ。
      人生についての普遍的なテーマを描いた素晴らしい映画だよ。

      (6) (0)
  36. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/09(木) 08:01:40 ID:I0MTUyNjA

    関係者だらけ?バイトか

    (1) (19)
    • 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/09(木) 18:01:36 ID:k1OTc1MzQ

      心貧しき者よ……

      (13) (0)
  37. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/11(土) 00:35:44 ID:MzNzI2Njk

    太極旗云々は頭でっかちな人が過剰反応してるだけ。作品より観客に問題がある。
    すずさんのような普通の人にとって、戦争は「生活」の外部からやってきて「生活」を破壊するもの。
    個人の力ではどうしようもない大きな流れにいつの間にか飲み込まれてる状態。
    納得できないことばかりだが、それでもとにかく自分を納得させ、世間と折り合いをつけて「生活」を続けていかなきゃならない。
    その折り合いの付け方が「日本は正しい戦争をしてる」とか「今は苦しくても最後には勝つ」とかだった。
    それはすずさんの主義主張というより、世間皆がそう叫んでいたから、それを「我慢する理由」にした。

    でも敗戦と同時にそれまでの価値観がすべて崩れ去った。
    これまでかろうじて自分を納得させてきたスローガンが「実はウソでした」と言われた。
    じゃあ今までの自分は、自分たちは何だったのか。何のためにハルミさんは・・・。そうしたすずさんの感情の噴出が、映画の見所の一つ。
    その価値観の崩壊を表してるのが、玉音放送であり太極旗であり残飯雑炊。
    それ自体に特定の国家や人種を称揚/批判するようなメッセージは無い。
    あくまでいち「生活者」としてのすずさんがそれらをどう見たか、というだけの話。
    あれらの描写から何らかのイデオロギーを読み取ろうとする人は、ちょっと色眼鏡が曇りすぎだね。

    (17) (0)
  38. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/11(土) 01:03:01 ID:E0MTE2Mjk

    聲の形は、話題に昇らないなぁ。

    (0) (0)
  39. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/24(金) 09:16:28 ID:E0NzI4MzA

    敗戦国の6等国民である日本人は、戦勝国の1等国民である韓国人に土下座し、全財産を差し出して許しを請わなければならないとの思いを強くしたすずさんであった。

    (1) (5)
  40. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/25(土) 16:56:49 ID:M1MjI4NjQ

    思うか! ボオケがー!
    敗戦直後はまだ日本じゃろ!、戦勝国の1等国民ってどの口がいってるんじゃー?
    とコメントを残す92歳のすずバーさんであった。

    (4) (0)
  41. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/03/20(月) 22:43:57 ID:k0NjEwNzQ

    俺も何回か見たとか池沼かよ

    (0) (2)

コメントをどうぞ