【海外の反応】「嫉妬を覚えるほどのかっこよさ」ドキュメンタリー『ホームレス ニューヨークと寝た男』がステレオタイプをぶっ壊す!

  • 2017/2/2
  • 2
via:eiga.com

驚くほどスタイリッシュなホームレス

各国映画祭で注目を集めたドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』が1月28日から全国で公開中だ。

マーク・レイ。188センチの鍛え抜かれた身体でデザイナーズスーツをスタイリッシュに着こなすロマンスグレーのナイスミドル。ニューヨーク在住、モデル兼フォトグラファー兼俳優。驚く事になんと彼はホームレスなのだ。

かつてヨーロッパでモデル仲間だったというトーマス・ビルテンゾーン監督がこのかっこよすぎるホームレスを追ったドキュメンタリ―。

via:http://eiga.com/movie/85785/special/

海外の反応

素晴らしいストーリー。製作者はとても生々しいリアルな生活を切り取って、今の世の中というものを表現している。
マーク、あなたの生活を見せてくれてありがとう!

タイにもくればいいのに。
今タイのファッション業界は熱いし、みんな彼の作品に飛びつくと思う。
彼の作品は素晴らしいし、ライフスタイルもかっこいい。
私もこんな生活を数週間だけでもやってみようかなと思う。

ニューヨークで成功できれば世界中どこでも成功できる。

嘘付きたくないから言うけど、ちょっと泣いてしまった。

やっぱゴミ袋って使えるよね。

とてもパワフルな映画。生きるってことに改めて向き合さざるを得なくなる。

家や車のローンの為に休みなく働く事が果たして豊かといえるのだろうか?
私はマークのように人生を謳歌してるだろうか?

冬のニューヨークで野宿するのは半分棺桶に足を突っ込んでるのと同じことを意味するよ

これを見ればニューヨークのことがよくわかるよ。

たまたまこの映画見つけて観たんだけど、スタイリッシュでかっこよかった。

みんな違っていいんだよね。当たり前のことなのに忘れてしまってた。

とても短い映画だけど、刺激的で大胆でホームレスに対するステレオタイプをぶっ壊してくれる内容。

知らない人のライフスタイルなんて見たってどうしようもないと思うけど、
この人のライフスタイルはぶっ飛んでる。

ホームレスなのに非壮感がない。
むしろ嫉妬を感じる。

この人がハンサムで洗練されたセンスの持ち主だっていうのが全て。
センスはお金で買えるものではないんだよね。

ファッションフォトグラファーである彼の作品には彼のこういったライフスタイルや人生観が出てるよね。

なんてかっこいいフォトグラファーなんだろう。

マンハッタンにはたくさんのホームレスがいるけど、こんなにかっこいいホームレスは彼しかいない。

これぞ、ドキュメンタリー。こんな人がいるんだ!って目の覚める思いだよ。

ニューヨークで夜遊びしたくなった。

監督も元ファッションモデル。

センスの塊。音楽といい、編集といい。

1時間27分だから気軽に見られるよ。

見ればきっとマークのことが好きになる。

マーク・レイ=NY
NY=マーク・レイ

ニューヨークにはいろんな人が集まる。どれだけ奇抜でもニューヨークでは全く目立たない。

カッコイイおじさん!

スーツ着こなすね~!

こんな渋くて小奇麗なホームレス初めて見た。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:   : 投稿日:2017/02/02(木) 20:18:00 ID:Q3ODgxMzc

    この映画じゃないけど、NHKだったかなのドキュメンタリーでこの人見たわ
    なんか人生色々あるよなって思った
    悲壮感ありまくりなんだけど、ここから離れることもできないんだろう
    つーか、NYって物価高すぎ

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/02/02(木) 21:08:27 ID:g2MDg3ODc

    クリーニング出してるの?風呂入ってるの?

    (0) (0)

コメントをどうぞ