【ネタバレ注意】オリバー・ストーン監督新作「スノーデン」、海外の反応は?

  • 2017/1/16
  • 1

今月日本公開予定の話題作、「スノーデン」、一足先に公開された海外での評価は・・・?

2013年に国家の最高機密を暴露し世界中に激震を走らせた、元CIAおよびNSA職員のエドワード・スノーデンが政府を敵に回し、輝かしいキャリアと恋人との幸せな生活を捨ててでも自らの意思を貫いて、アメリカ政府が秘密裏に構築した民間企業や個人、日本を含む同盟国までをも対象にした監視プログラムの存在を告発した事件。

「プラトーン」「7月4日に生まれて」でアカデミー賞監督賞を受賞し、社会派として知られるストーン監督がメガホンをとり、ゴードン=レビットが容姿はもちろんのこと、仕草や声色をマスターしてスノーデンに扮した本作。

日本公開は1月27日ですが、先だって公開された本作の感想が海外から届いています。

この映画を楽しみにしている方は、ネタバレになる可能性があるのでお気を付けを!

via:http://gigazine.net/news/20160428-snowden-trailer/

海外の反応

宣伝文句のようにはあまり驚くような内容ではなかったよ。

スノーデンの事件を単に映画にしただけで、皆知ってる内容だった。

事件のことを知ってる人にはおすすめしないよ。あんまり事件の内容を知らない人向けだね。

オリバー・ストーンはついに監督としてのガッツを失くしたようだね。何も衝撃的でないし、新鮮味もない。90年代初頭の彼だったらもっと衝撃的な作品になってたと思うよ。

実際に起こった事柄より先まで描いているのなら面白いのに。

自分はこの映画面白いと思ったけどね。素晴らしくはないけど、スノーデンの個人的な意見が聞けたのは貴重だった。

映画は楽しめたけど、ちょっとのんびりなペースだったな。70点ってとこかな。

それほど悪いとは思わなかったけど、特別良いとも思わなかった。
実際の人物がモデルでなければ面白い映画だったと思う。でも実話だから全部知ってる話だったし。

まぁまぁだったと思う。見る価値はあると思うよ。

面白いと思ったけど。でも、彼の告発の後、どんな影響があったのかをもう少し描いてくれていたら面白かったと思う。

とっても楽しめた。良く出来ていたし、特に演技が良かった。

特に良いというわけではなかった。全体的に。スリラー映画としては成功していないと思った。

これはどの面からみても「スリラー」ではないよ。とはいえ、面白いと思ったけど。俳優陣はいい演技をしていた。

とてもお金のかかった、オリバー・ストーンによるスノーデンのドキュメンタリーだ。だからどうという訳ではないけれど,だからといって人々の話題になるようなものでもないと思った。

これはドキュメンタリーとは違うよ。

映画としては楽しめたけれど、でも自分はスノーデンの事件についてあまり詳しく無かったから、だからかもしれない。

エンターテイメントとして楽しかった。

問題は、誰もがスノーデンという人について知っている、ってことだと思うんだよね・・・

自分は50点を付けるかな。まぁまぁ見れる映画にはなってたよ。

とても複雑な問題を取り扱っているけれど、「映画」としては面白かった。完璧とは言わないけれどね。

面白いとおもったけど!もっと期待してなかったからだと思うけど、全体的に楽しめたよ。

これを見てスノーデン自身はどう思うのかな.

悪い出来ではないけれど、良くも無い。なんていうか、TV向けの番組くらいのクオリティだと思った。

実話に基づいた素晴らしい映画だと感じた。

彼って、例のファイルを中国とロシアに売るつもりだったんじゃないの??映画ではそこが描かれてなかった。

中国とロシアはファイルを見たかもしれないけど、スノーデンは誰にも売ろうとはしなかったはずだよ。

この映画を一言で説明するとしたら、「ふーん」

自分の家のウェブキャムが自分の知らないうちに政府の組織から見られていて録画されていて、データベースに残されてるってのって本当なの?

100%事実だよ。

オリバー・ストーン監督はハリウッドがプロパガンダ的映画を作ることに反対しているくせに、今回は自分がプロパガンダ的映画を作ったのか?

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/08/24(木) 14:54:21 ID:U0MjI5NzE

    そもそも、CIAでもなく別段秀でた能力があったわけでも、駆使したわけでもなく
    独善でただの下請けのやつが情報盗んだだけなのになんで英雄視してるのだろうか?

    (0) (0)

コメントをどうぞ