【海外の反応】「大きなスクリーンで見る価値のある作品」『ラ・ラ・ランド』がゴールデングローブ賞最多7部門ノミネート

  • 2017/1/4
  • 2

ゴールデングローブ賞最多7部門ノミネートは『ラ・ラ・ランド』

アカデミー賞の前哨戦と言われる第74回ゴールデングローブ賞の授賞式が1月9日(日本時間)に迫っている。

今回、作品賞、監督賞など主要部門を含む最多7部門でノミネートされていて話題をさらっているのが『セッション』のデイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演の『ラ・ラ・ランド』である。

『ラ・ラ・ランド』は女優志望と売れないジャズピアニストの恋と夢を描いたミュージカル・エンターテインメント。

2月24日日本公開予定。

via:http://natalie.mu/eiga/news/213026 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1751130.html

海外の反応

見に行ってきたよ!もうほんとにキラキラしていた!
「ニューヨーク・ニューヨーク」のさらにもっと成功したバージョン。
しかももっとずっと魅力的な主要俳優陣を集めることができた。
これは絶対見た方がいいよ!

これは自分が今まで見たミュージカルの中でダントツの1位!

見事な出来映えだなあ、監督も役者も撮影技術も。うなってしまった。

最初から最後まで喜びの連続。
楽しさ、ユーモア、フラストレーション、そして悲しみを上手く織り混ぜてこのロマンスを盛り上げている。
そしてすごくスタイリッシュ。

期待を上回ることはなかった。やっぱりミュージカルはちょっと受け付けない。

この映画は私の中でパーフェクト!見て損はない!

序盤は『ハイスクール・ミュージカル』っぽかったのでそれが残念だった。
でも主演の2人が素晴らしかったのでその気持ちは徐々に払拭されたよ。
エマ・ストーン最高だった。それ以上にライアン・ゴスリングが光っていた。
彼はどの映画でも素晴らしい仕事をするよね!彼の歌、ダンス、そしてピアノ演奏は最高だった!

帰り道は口笛を吹いて帰ったよw

オールドスクールなミュージカルだけど、まるで魔法にかかったように魅了されてしまった!
ゴールデングローブ賞最多ノミネートは納得。
アカデミー賞もかっさらうだろうな。

びっくりするほど良かったよ!ミュージカルと聞いて、多分観てる方がこっぱずかしくなるんだろうなと予想してたのに見事に覆されちゃったよ。

運命、選択、時、というものについて考えさせられる作品。
大きなスクリーンで見る価値がある!

特にエンディングが気に入ったよ!

え~?その他全て素晴らしかったけど、エンディングはブーイングに値するよ。

ハリウッドがまたこんな映画を作ってくれたことを本当にうれしく思う!ありがとうハリウッド!

最高に楽しくて最高に甘くて心踊るミュージカル!

楽しい!カラフルな絵の具でいっぱいのパレットのよう!

ストーンとゴスリングのカップルがバッチリはまってた。

キラキラして宝石箱のようだったなあ。うっとりしてしまった。これは映画館で見るべき一本。

ちょっと高評価過ぎない?終わった後一曲も心に残る歌がなかった。

5点満点中4点ってとこかなあ。

ブロードウェイフリークからしたら、この作品は、ブロードウェイにとどまって欲しかったなあ。

ジャズ好きなら絶対見るべき!私はもう一回見に行くよ!

なるべく早く観た方がいい!ポップコーンを買って、スマホをオフにして、その2時間をただただ楽しんで!

ゴスリングの歌、踊りの才能に惚れ惚れした!

終ったあとモヤモヤっとするし、ほろ苦い気持ちになる。そこがニクイなあ、やるなあ、と思った。

こんなに感情に訴えかけてきた映画はここ10年なかったと思う。
文句なしで最高傑作と呼べるだろう。

とっても美しい映画。これほどの映画、制作者側もまた作ろうと思ってもまず無理だと思う。

今年のアカデミー賞授賞式が楽しみだなあ。

音と映像に魅せられて、笑わされて、そして泣かされた。

ミュージカル苦手だけど、これはすっごく楽しめた!

苦しいほどにロマンティックで、古き良きハリウッドが蘇った感じがした。

ライアン・ゴスリングは国宝級!

これはクラシック・ハリウッド・ミュージカルへのラブレターだ。

こんな傑作、もう2度と作ることはできないだろう!

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/04(水) 14:50:59 ID:M5NzAyMjA

    どこに行けばタダで見れずか?

    タダなら見たいです

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2017/01/04(水) 20:09:58 ID:M5NTQ5NDE

    ス・ス・ステマンド

    (0) (0)

コメントをどうぞ