海外ファン「鮮明な色が魅力なのに」「白黒でも素晴らしい」と賛否両論!「マッドマックス 怒りのデス・ロード」モノクロ版の劇場公開決定!

  • 2016/12/14
  • 1

大ヒット映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のモノクロ版「マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クローム エディション」が劇場公開されることが決定しました!

モノクロ版のキッカケは、レコーディングスタジオで白黒のコピーを使った際、モノクロの本編を見て「この映画は白黒が一番だ」と感じたジョージ・ミラー監督が、「白黒で見ることによって映像はもっと抽象的になる。色の情報が少ないことでなぜか魅力的に見える、全体的にはいちばんいいバージョン」と感じたことで、BD発売の際にモノクロ版を含めることが決定したとのこと。

そして今回、BD発売前の劇場公開が決定しました。日本では2017年1月14日から全国の劇場で公開予定。

海外ファンの間では、「色合いのコントラストも魅力の一つなのに」という声も多く、賛否両論の模様です。

via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000100-impress-ind

海外の反応

ほんと、白黒バージョン、いいね。

悪く無いアイデアだけど、白黒ならば明暗のコントラストをもっと調整しないと!

モノクロだと本当にカッコよく見えるね。色がなくても各シーンの映像の素晴らしさがより引き立つように思うよ。もちろんカラー版も良かったけど、自分はこっちのほうが好きだな。

自分はカラーのほうが良かったと思うな。白黒だとなんだか単純に色あせてしまっただけみたいに思う。

この映画の良さは、カラー版の明暗の付け方とフィルターの使い方だったんだ。だからこれでは良さが失われてる。

もっとコントラストをきつくすればモノクロのよさが引き立ったと思うのにもったいない。

モノクロで、炎だけカラーにしたバージョンがあると良かったと思う。白、黒、そしてオレンジ。完璧だ。

これは素晴らしいアイデアだ!

もともとの映像は青とオレンジがキツすぎた。これは素晴らしい!

これだとグレーすぎる。もっと白黒のコントラストを激しくしてほしい。

とってもつまらなく見えるよ。この映画の美しさが失われている。やるならもっと影を濃くするとか工夫しないと。

ご褒美をもらった犬みたいに嬉しいんだけど。

うーんこれは。ほんとにカッコいいね!オリジナルのキツすぎるカラー版よりいいかも。

美しいと思う。

この映画に文句をつけるとすれば、カラーがキツすぎることだったんだ。生々しさが失われていた。でもモノクロ版だとそれがよみがえっているように思う。

この白黒版は是非劇場で観たいね。本当にカッコイイ。

炎だけ、白黒だと魅力を失ってしまうね。

モノクロでも本当に素晴らしい。

自分は好きじゃないな。この映画の良さは色味がとても美しいところなんだ。あれほど鮮やかに、青、オレンジと赤を魅せてくれた映像は他に無いよ。

同意。この映画のよさはあの色合いで、それによってこの映画に生命力が宿っているよね。個人的にはモノクロにする良さがわからない。

もとのカラー版では、色使いでうまく感情を表現していたと思う。どうしてモノクロにする魅力があるのかわからないよ。

監督は白黒版でもともと作りたかったらしいよ。

白黒版とってもかっこいいと思った。

「最高」とは思わないけれど、この映画の違う角度からの魅力を感じられると思う。

白黒にしてしまうとこの映画の映像の繊細さが失われてしまっているように思う。

赤い砂漠と鋼色と黒の車と、白いキャラクターのメイクアップのコントラストがこの映画の魅力なのに、白黒にしてしまってはそれが失われてしまうじゃないか。

白黒バージョン!?なんてこった!!これは見逃せない!

またお金儲けか・・・テレビを白黒にしてDVDを再生すればいいじゃないか・・・

これにお金をつかったらお金の無駄だと思う・・・・モノクロ版はオリジナル版より「色あせて」見えるよ。

この映画こそカラーで観るべきものなのに。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん 量産型 : 投稿日:2016/12/22(木) 08:17:09 ID:cwMTI4NTc

    天才ダラボンの「ミスト」モノクロ版みたいにDVDの特典映像で良くないか?

    (0) (0)

コメントをどうぞ