海外映画ファンウルヴァリンと少女の逃避行を描く映画「ローガン」予告編が公開!

  • 2016/10/23
  • 0

Xメンシリーズの大人気キャラクター、ウルヴァリンのスピンオフ作品、「ローガン」の予告編が公開されました。

これまでウルヴァリンを演じて来たヒュー・ジャックマンは、これが彼がウルヴァリンを演じる最後の作品になると公言しています。

今回の物語の舞台は少し先の未来。自らの治癒能力の衰えも感じ始めたウルヴァリンことローガンは、年老いたプロフェッサーXの頼みで幼い少女を守ることになるが、そこに謎の追手が現れる・・・というストーリー展開。

原作はコミックの「オールド・マン・ローガン(Old Man Logan)」がベースになっているとのこと。
今回の予告編で登場する、ウルヴァリンにとても似ているという少女は、コミックではX-23という名前で知られるウルヴァリンの女性型クローンだと思われます。

今回公開された予告編を見て、海外ファンも大興奮の様子。

映画「ローガン」は日本では2017年6月公開予定。

via:http://top.tsite.jp/news/technology/o/31543061/

海外の反応

X-Men Origins: WolverineとThe Wolverineを合わせたよりも面白そうだ。

「Hurt」は本当にこの予告編にぴったりな素晴らしい曲だね。

これは最高のウルヴァリンの映画になることを保障するよ。

今仕事中だから音無しでみたけど、それでも素晴らしい。

うわぁ、こんなに素晴らしいものになりそうだ、と言う事になるとは思わなかったよ。
素晴らしい予告編だし、素晴らしい音楽だ。
ウルヴァリンの映画シリーズで見るのが楽しみになったのはこれが初めてだ。

これはヒュー・ジャックマンの最後を飾るのに素晴らしいものになりそうだね。
パトリック・スチュアートが再登場するのは嬉しいよ。
彼の老けメイクはなかなか良い。

うーん、チャールズはきっと確実に死んでしまうんだろうね。

この少女ってX23だよね。最初はホープ・サマーズかと思ったけど。
ウルヴァリンがジーンとスコットの間の子供を救う話だったらとてもドラマチックだと思ったんだけどね。

どういうものになるか不安だったけど、今は凄い楽しみになった。

素晴らしいものになりそうだ!
ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンは恋しくなるだろうけど、彼の最後の作品が素晴らしいものになれば嬉しい。

わぁ、これは実際良い映画になりそうだよ。
やっと、世界の終わりを招くモンスターの話から、ミュータントの個人的な悩みについての話になって嬉しい。

これ、実際すごくいいね。

この、ウェスタンな感じの始まり方がとてもいいね。
音楽も最高だ。この雰囲気が映画でも続くといいな。

これが、最高のサントラの選択ってものの素晴らしい例だよ。

すごく重厚な感じ。
ローガンもしくはプロフェッサーが死んだりしたら、泣いちゃう。

筋書きがネタバレ過ぎてなくて良いね。
これがヒュー・ジャックマンへの良い餞になるといいな。

くっそぉぉ、ついに、やっと、良い予告編だ。

なんてことだ。この映画についてあまり楽しみにしてなかったけど、この予告編をみたら凄く楽しみになってきちゃった。

まさに素晴らしい予告編だね。

期待していたものと違ったけど、ヒュー・ジャックマンの最後の作品として良いものになるといいな。

ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンは絶対恋しくなる。
最初にケージの中で戦ってたシーンから、彼のこの役が大好きだもの。

わぁ、これはウルヴァリンの映画としては最高のものになるし、きっと良い餞になるね。

とても気に入った。ミュータントというものについてのとても良いドラマになりそうだ。他のシリーズみたいに筋書きはどうでもよくてミュータントの格好良さだけに焦点をあてているものよりもマシだ。

これはX-Menシリーズ最高の作品になるよ!

よくあるヒーロー映画にはならない感じだね。これはとても楽しみだ。
ジョニー・キャッシュの「Hurt」がとてもこの予告編にマッチしてる。

わぁ、これは実際すごく良さそうだ。とても深い話になりそうだし、くだらないモンスターの大暴れもなさそうだ。

ヒュー・ジャックマンの最後の作品として素晴らしい賞賛を集めそうだね。

彼はもう治癒能力を失っちゃったの?

というより、弱くなってしまったんだ。理由はわからないけど、映画の中で説明されるといいな。
このコンセプトは面白いと思う。今までの映画の中でウルヴァリンはずっと倒せない存在だったからね。

なんだか悲しい結末になりそうな感じがするな。

ウワァ本当に面白そうだ。
X-menシリーズの映画でこれほど興奮したのは久しぶりだ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

コメントをどうぞ