海外「ウィル・スミスが最高に良かった、ジャファーは微妙」アラジン

  • 2019/5/30
  • 4

実写版アラジンのリメイク

ウィル・スミスのジニーは高評価!最高に良かったとあるものの、ジャファーについては微妙な意見も・・・それを踏まえてももう一度見たい映画
日本公開は2019年6月7日(金)全国公開!

via:https://www.rottentomatoes.com/m/aladdin/

海外の反応

全然期待してなかったけど。
ウィル・スミスのジニーはかなり良かったよ。いい仕事してたねぇ

全部の曲が良かった!大好き!

ナオミ・スコットとウィル・スミスが映画では凄く良かった。
ジャファーは威圧感が全然ない、正直微妙な感じ。
がっかりするほどでは無いけど1回見ればもういいかな。

いい映画だったよ、音楽が特に良かった

子供を連れて見に行くのに最適だね

とても良かった。
正直期待していなかったが、期待をはるか上回る作品だったよ。
特に音楽は良い。

ウィル・スミスの演技は面白かったわ。

実写リメイクあんまり好きじゃないんだけど、これは良かったです。
ジャスミン姫は微妙だね。

楽しくて興奮する家族で見る為の映画!
大好き!!また見たい!
キャストも本当に素晴らしかったです。

素晴らしい映画だったけど・・・
ジャファーはもっと他に誰かいなかったの?

唯一の悪い部分は、ジャファーが微妙すぎる
アラジンスタッフがジャファーというキャラクターを考えるのに時間がなかったのかもしれません。
それを踏まえても現在見ておくべき素晴らしい映画でした。

アグラバーとそのインテリアの背景は鮮やかで素晴らしいものでした


Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:   : 投稿日:2019/05/30(木) 14:39:24 ID:EzNDMwMTc

    青いウィル・スミスは100パーセントCGだと知って日本との技術力の差に驚いた。
    NHKでチコちゃんのCGごときに働き方改革が~なんて言っているくらいだから
    アメリカの何年遅れかの技術力でヒィヒィ言っているんだろうなーと。

    (0) (2)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/05/30(木) 18:30:42 ID:E3ODM3Mzk

    アラジンってインド?中東?

    (0) (0)
  3. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/05/30(木) 22:28:25 ID:k4MTI0Mzk

    アラジンと魔法のランプは原作の舞台は中国、物語を産んだのはペルシャ(イラン)。ペルシャから見た中国西方(今のウイグル自治区あたり)の話

    (0) (0)
  4. 名前:名無しさん : 投稿日:2019/05/30(木) 22:33:30 ID:k4MTI0Mzk

    アラジンと魔法のランプは原作は中国が舞台で物語はペルシャ(イラン)で書かれたもの。ペルシャから見た中国西方(ウイグル自治区あたり)をモデルに作られている。

    (1) (0)

コメントをどうぞ

CAPTCHA