海外「”ヴェノム”は醜くて残虐 でも一番好き」この秋映画公開 予告篇にファン興奮

  • 2018/9/4
  • 1
via:eiga.com

善か悪か、最悪か

マーベルコミックに登場するスパイダーマンの宿敵「ヴェノム」を映画化。

主演は「ダンケルク」のトム・ハーディ、監督は「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー。

日本公開は2018年11月2日。

via:https://eiga.com/movie/88636/

海外の反応

スパイダーマン3のヴェノムと比べてみてよ!雲泥の差だから。

当たり前でしょ、2007年と2018年をくらべてどうすんの?今の方が格段にCG技術が上がってるんだからさ。

おもしろそ~!

なんかソニー感がすごい。。

10月に公開でしょ。すぐにハロウィンが来て、クリスマスが来て今年が終わっちゃう。

やったー、マーベル作品のキャラの中で一番好きなのがヴェノム。

ヴェノムが主役になる日がくるなんて!

ヴェノムは醜いし残虐。悪でしかないように見えるけど、何か哀愁を感じてしまう。

WE ARE ヴェノム!

マーベルにハマり始めてから一番好きなキャラがヴェノムだから、こんなスピンオフ映画ができて嬉しい。

予告編、インフィニティーウォーの曲が聴こえない??

う~ん、なんとなく聞こえるかも。

スパイダーマンの宿敵だ!でも僕にとってはスーパーヒーローさ。

古いヴェノムの方が全然かっこいいよ。

そんなことない。新しいのの方がいいよ。

スパイダーマン3の??あれはだめでしょ。こっちの方が全然いい。

ヴェノムとデッドプールで是非映画を!

それはやっちゃだめ。

イエス!ヴェノムを1991年からずっと愛してきたヴェノムフリークの私としては涙が出るほど嬉しいニュース。

やっとかよー!いつヴェノムを主役にして映画を撮るんだろうってずっと思ってたよ。

最後のシーンでは街を守るためにヴェノムが死ぬだろう。

え?それほんと!?

俺はこのクリーチャ―を愛して止まない。なぜだろう惹かれるんだよね。

ヴェノムの見た目はグロくていいと思うんだけど、黒いネバネバは身体の中にあるべきじゃない?汚すぎ。

トム・ハーディはいい役者だと思う。だけどこの配役には異議あり!なぜってまだアメリカ英語が完璧じゃないから。

別にスーパーヒーローが完璧なアメリカのアクセントで喋る必要ないじゃん。アメリカ・ファーストもいいかげんにしろ。

これってR指定なわけ?

いやいや指定なしだよ。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/09/05(水) 08:46:17 ID:QzNzA4MzY

    歯の割には顎弱そう

    (0) (0)

コメントをどうぞ