海外「スパイク・リーは頭イイ」白人至上主義団体へ黒人刑事が潜入 『BlacKkKlansman』が高評価

  • 2018/8/7
  • 2

デンゼル・ワシントンの息子に注目

スパイク・リー監督と「ゲット・アウト」のジョーダン・ビール監督がタッグを組んで贈る『BlacKkKlansman(原題)』が全米で公開され話題を呼んでいる。

白人至上主義団体KKKに潜入したアフリカ系アメリカ人を描くクライムスリラーだ。

ストールワース役で出演するデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デビッド・ワシントンに注目!他にアダム・ドライバーも出演する。

via:https://www.rottentomatoes.com/m/blackkklansman

海外の反応

「BlacKkKlansman」は近年のスパイク・リー作品の中で間違いなくベスト作品。

ドラマチックでエキサイティング。

アート、文化、人種、プロパガンダ、の間で繰り広げられる会話のような映画。

トランプ統治時代のアメリカ合衆国に必然的に湧いて生まれた名作だ。

スパイク・リー監督と、頼もしいキャスト達が小説より奇なる実話を映像化した。

「マルコムX」以来の最高作品出た!

事実に基づいて効果的におもしろおかしなドラマに仕立て上げたスパイク・リー監督の腕はやっぱりすごい。

これはスパイク・リーらしい、議論を呼ぶ作品だね。

アフロヘアがかわいい!

この作品の何がいいかって、事実を映画にしたってとこ!

実際のストールワースのインタビュー映像を見たけど、ほんとにまるっきり白人みたいに喋るんだよね。

この映画は絶対見た方がいい!白人も、黒人もそれ以外の人種の人たちも。

原作本を読んでないから、どれだけ事実に基づいた映画作りができているのかは全くわからないんだけど、この映画自体はほんっとに最高だよ。絶対見るべきだね。

70年代の設定だからって古い話だと思わない方がいい。現代のアメリカを行く末を案じているような、コンテンポラリーな作品。

親子揃っていい役者だな。ワシントン。

ジョン・デビッド・ワシントン、いい顔してるよね。

お父さんよりも好き。

商業的に大成功する作品だと思います。

コメディと論争とクライムスリラーのハイブリット。

今我々アメリカ人に必要なのは「怒り」だ!

1978年の設定だけど、現代としっかりつなげていて、スパイク・リーの意図した過去と現在のつながりを感じて欲しい。

この監督は頭がいいなあっていつも思う。

Advertisement

関連記事

みんなのコメント

  1. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/08/07(火) 22:03:25 ID:YyNDk3MDk

    いつみてもアフロヘアーはイカス

    (0) (0)
  2. 名前:名無しさん : 投稿日:2018/08/07(火) 22:30:00 ID:U4ODgyNjU

    ちょっと待って
    この人FFに出てない?

    (0) (0)

コメントをどうぞ